2012年11月12日

No Room In The Hotel / The Chosen Gospel Singers

chosen gospel singers.jpg

今年は楽しいことはみんな終わっちまいました…、などと先週書いたばかりのような気がしますが、一昨日は吾妻光良トリオ+1@三鷹バイユーゲイト、昨日は脱原発抗議行動サボって武蔵野はらっぱ祭り@都立武蔵野公園くじら山、と近場の楽しきイベントに連日参加。当然のことながら莫迦みたいに呑み続けているわけです。

そんな汚れつちまつた我が心、清酒で、じゃない、敬虔なるヴィンテージ・ゴスペル・ミュージックで少しでも清めようと、本日はこんな曲で一曲一献。

「Stay With Me Jesus」の名唱で名高い(名高くねぇか…)チョーズン・ゴスペル・シンガーズのみなさん。その昔、ゴスペル・クァルテットのなんたるかを我が国じゃ誰も知らなかった頃に出されたオムニバスLP『AIN'T THAT GOOD NEWS』に収められたこのメガトン・ナンバーを聴いて、日本にゴスペル・ファンが大勢誕生したのです(以上受け売り)。決して「名門グループ」と呼べるような輝かしいキャリアは持っていませんが、日本のヴィンテージ・ゴスペルのファンにとっては忘れられない存在の、間違いなく実力あるグループです。

その「Stay With Me Jeses」のリードをとっていたロバート・クルッチャーさんのガサガサしたハードなシャウトには本当に狂っちゃうんだけど(オヤジですから)、そのクルッチャーさん加入前、ハード・シャウティングこそないものの、「男の声の魅力」にのた打ち回るような濃ゆ〜いナンバーがこの曲「No Room In The Hotel」なのです。1920年代に書かれた人種差別を歌った歌。チョーズンのみなさんの録音は1954年です。コクの深い第1リードはどっかで聴いた声。調べてみたら、あっそっかぁ…のルー・ロウルズさん(多分)。なんだかいつも肩の力が抜けちゃってるような気がするルー・ロウルズさんですが、若い頃はこんなに熱唱。そして若いのにもかかわらずなんて深い声。さらにこの曲を名演に持ち上げているのは、ちょっとだけ登場する誰だかわからない第2リード。このダブル・バリトンを聴いて心に高揚感が生まれない方とは僕は友達になれない気がします。


トップに貼ったジャケットは1991年にP-Vineから出されたCD『THE COMPLETE SPECIALTY SESSIONS』。解説文を書いているのはこのところすっかりお世話になっているいづみやの佐々木健一さんでした。本日はヴィンテージ・ゴスペルと宮城から送ってもらった地酒の燗で心を洗おうかと。というところで、んでまず。

posted by ac at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

I Had A Talk With God Last Night / Mitty Collier

mitty collier sings to god.jpg

23日(土)は僕らのバンドのライブでした。渋谷のお店での最後のライブということもあり、大勢の皆様に来ていただきました。大変遅ればせながら御礼。ありがとうございました。

さて、一昨晩は女神さまと(ちょっとだけ)お話をしました。「I Had A Talk With Goddess The Night Before Last」です。場所は品川の、よしもとプリンスシアターで。そう、ようやく行ってきました「シカゴ;ブルース&ソウル・ショウダウン」です。ほんとは日曜日にバンドのメンバーと行く予定でしたが、どうしても都合があわず、独り寂しく25日に。5日連続公演最終日の月曜日、しかも発売からずいぶん経ってから取ったチケットは最前列(!)ということもあり、ガラガラなんじゃないかと心配していましたが、まずまずの入りでした。

お目当てはもちろん“パスター”ミティ・コリアさん。1960年代から70年代初頭にかけて素晴らしいディープ・ソウルを何曲か残して以降、ゴスペルを歌ってるらしいということは聞いていましたが、その歌声を聴いたことは一度もありませんでした。しかも前日情報では風邪をひいて吸入器を使っていたとのこと、少々不安な気持ちで出番を待っていましたが、一声聴いてぶっとびました。40年前と同じ、いやそれ以上の音圧です。風邪は若干回復してくれたか、声はやはり荒れているものの吸入器は使わず、こちらの心配を吹き飛ばすかのような熱唱ぶりでした。普通に歌ってもすごいのに、アクセル踏み込むと排気量が倍になっちゃう。ターボ・エンジン搭載。さすがに神に仕える人は違います。

今回はゴスペル・ソングのみ、ということで昔のディープ・ソウルは歌ってくれないだろうと思っていましたが最後に歌ったのがこの「I Had A Talk With God Last Night」。1964年のほぼ唯一のヒット「I Had A Talk With My Man」のゴスペル・バージョンです。というかもともと「I Had A Talk With My Man」はジェイムス・クリーブランド師の「I Had A Talk With God」を 世俗音楽に改作したもの。ゴスペルの世界に戻り、あらためて元のバージョンで歌っている、というワケでした。

1966年にTV番組『THE !!!! BEAT』で「I Had A Talk With My Man」を歌った映像がこちら(↓)。可憐です。いやもちろん今でも素敵です。



ミーハーにもサインをいただいてしまったトップのジャケットは、会場で販売していたアルバム『MITTY COLLIER SINGS TO GOD』。本国の教会のみで販売しているのだとか。CD-R仕様だし、自分のバンドの20年前の自家録音を思い起こさせる音質(苦笑)の曲もありだけど、いいんです、そんなことは。もうすぐ70歳にもなろうとする女性の手を握ってこんなにもときめいた(!)のははじめてです。

ショウ全体を通しての殊勲賞は、自分のステージ以外でも全編にわたりギターを抱えてバックを務めたジョニー・ロウルズさん。温かい人柄が滲み出ているような歌&プレイでした。バンドはベストではありませんでしたが(特にベース!)、半分サインお目当てで買って帰ったCDはなかなか素晴らしいものでした。いつかここに書きます。

最後に苦言。大トリのフラミンゴスはカラオケ。まぁあんなドリーミーなアレンジを演奏するようなバンドではなかった、というのはわかりますが、だったらバンド出さないで堂々とカラオケで演ってもらいたかったな。満面の笑顔で歌うテリー・ジョンソンのバックで、不器用にアテ振りをするジョニーさんの寂しそうな目が、最前列の僕の席からははっきりと見えました。
posted by ac at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

Up Above My Head / Sister Rosetta Tharpe

sister rosetta tharpe.jpg

テーブルの上にあさりバターの汁がこぼれているのが許せなかったりします。灰皿に吸殻以外のゴミが入っているのもダメ。紙おしぼりのビニールの袋とかね。そもそも紙のおしぼりが嫌いなんだ。ウェット・ティッシュはいりません、タオルをください。テーブルにグラスのあとの丸ししみがついているのも嫌です。焼き鳥に降りかけた七味唐辛子が皿の外にこぼれているのもイヤダ。イヤダカラ、イヤダ。

ぐびりと酒を煽りつつも、小さな水滴見つけては独りカウンターを拭き拭き。なんとも器が小せぇな、とも思いますが気になるものは気になっちゃう。大物にはなれねぇなぁと思います。

シスター・ロゼッタ・サープさんは大物だなぁと思う。一応ゴスペルのカテゴリーなんだけど、そんな小さな枠には収まりきる器じゃないです。ブルースもジャンプもなんでも心の意のままに。あのラッキー・ミリンダー楽団もぐいぐい煽っちゃっいました。聖も俗もあわせてのみ込んじまう鯨飲女。白いドレスでブルース・ギター、がかっこいいんだな。でもって弾きまくるし吼えまくります。気風のよさに惚れ惚れしちまう。よっぽど男らしいや。

「頭上高く楽の音ひびく」。マリー・ナイトさんとのデュエット、というかコール・アンド・レスポンスのこの曲。ギターの音色はあんまり気にしないのか(きっと小さなことは気にしねぇんだ…)、ペケペケです。ジョン柄、じゃない、じょんがらを連想させるギター・エヴァンジェリスト。かっこいいですよ。弾き語りの動画はこちら。クワイアを従えたのはこちら(このギター・ソロがかっこいいんだ)でどうぞ。でも歌わないクワイアって怖いね。圧力団体みたい。

豪快に「がはは」と生きたいけれど、灰皿の中の吸殻の向きが揃ってないとどうにも落ち着きません。座布団が並行に並んでないと気になって眠れない。瑣末なこだわりが狂おしい春の宵です。
posted by ac at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

Rock In A Weary Land / Southern Sons Quartette

southern_sons_quartette.jpg

ヴィンテージ・ゴスペルで一献。

ディープ・ソウル、特に濃い目のシャウターが好みのタイプなので、当然ながらクァルテットもののゴスペルは避けて通れません。のちにソウル・シンガーに転身する人も多いし、それ以上にすんげぇ声のハード・シャウターが軒並み。まさに宝の山のハズなんですけどね、正直言うとそれほどはのめりこんでません。CDはちょこちょこと買ってはいるけど、『ゴスペル・サウンド』も途中までしか読んでないし(400ページもあるからね…)。信仰心がないからでしょか。でもそんな中では一番よく聴くのがこのサザン・サンズ・クァルテットの皆さん。

50年代初頭、ミシシッピ州ジャクソンのトランペット・レコーズに8枚のシングルを残したサザン・サンズ。ベース・ヴォーカルのクリフ・ギヴンズさんを中心とした6人組です。クァルテットなのに6人もいるのはヘンじゃねぇか、とおっしゃる人もいるかもしれませんが、まぁ細かいことは気にせずに。チャンバラトリオだって4人いたしね。ゴスペル界ではこの手の男声アカペラは何人いてもみんなクァルテットです。ちなみにこのサザン・サンズ、僕の大好きなロスコー・ロビンソンさんも若かりし日に一時在籍してました。並み居る名門クァルテットみたいな歴史も伝統もないけど、残された録音は間違いなく極上品。

1991年にP-Vineから出た『I LOVE THE LORD』。現存するトランペット録音の全曲集ながらベスト盤のような中身の濃さです。1枚でかなりおなかいっぱいになっちゃう。その名演揃いの中、冒頭に配された「Rock In A Weary Land」を。1953年の録音。

「My Got is a rock in a weary land, Shelter in a time of storm …」と厳かに唄い出すこの曲。すぐにアップ・テンポに切り替わって、重厚なコーラスをバックにリードのジェイムス・ウォーカーのシャウトが炸裂します。一糸乱れぬコーラス、のはずが、疾走するベースのクリフ・ギヴンズに煽られたか、感極まって突然叫びだすものあり。バスドラ入ってるみたいだけどあとは全部男たちの声。ぐつぐつと煮えたぎる鍋のような熱い一曲です。人間の声ってすごい。

老後の楽しみに…と思ってたゴスペルですが、僕もそろそろ歳だしね。まずは『ゴスペル・サウンド』読まなくちゃ。というところで、んでまず。

posted by ac at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

Toll The Bell Easy / Spirit Of Memphis

本日休日なれどもお日様とは殆どめぐり合えず。しょうがないのでいつものとおり早い時間から宝焼酎などを呑んじまってるわけですが、なんとなく「濃い歌」が聴きたくなり引っ張り出したのが「メンフィス魂」スピリット・オブ・メンフィス・クァルテットの皆さん。ゴスペルです。敬虔な気持ちなど微塵も持ち合わせず呑んだくれており、多少後ろめたさを感じつつ…。

男声ハード・クァルテットの最高峰、と言ってしまいます。低音主体の分厚いハーモニーの上に乗っかるトリプル・リードの肉弾戦。アラバマ出身高砂部屋のサイラス・スティール(元ブルージェイズ!)とジェスロ“ジェット”ブレッドソウのバリトンにウィリー“リトル・アックス”ブロードナックスのテナー。こうなるともう楽器なんて必要ありません、というのはそれだけ凄い歌い手揃いだからですね。どの曲聴いてもシャウト満載。熱い熱い!

全盛期の1952年の録音「Toll The Bell Easy」。トレイン・テンポとでも言いましょうか、速いテンポでけしかけるコーラス隊の上で、サイラス・スティールが殆ど雄叫び状態です。まさに雷鳴のごとくとどろくド迫力バリトン。映画だったら教会のステンド・グラスにヒビがはいり、天井からはほこりが落ちてくるところでしょうか。そして圧巻はベース・シンガーのアール・マローン(元ユタ・ジャズの“メイル・マン”ではありませんよ)。時に分厚いコーラス隊の一番下を支えているかと思えば、ダブル・ベースに変身してリズムを刻む。ピッキングも運指も下手な楽器より正確です。

2005年にようやくまとめてCD化されたヴィンテージ録音2枚組CD『HAPPY IN THE SERVICE OF THE LORD』から。英アクロバット・レーベルの偉業ですね。しかしこのテンションで全47曲。さすがに通しで聴くとかなり酔います疲れます。あ〜お茶を一杯ください…。
というところで、んでまず。


spirit of memphis.jpg
posted by ac at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

My Life Is In Your Hands / God's Property from Kirk Franklin's Nu Nation

久しぶりに家で映画を観ました。家で観る映画といえば最近もっぱら『男はつらいよ』ばかりでしたが、今回はスパイク・リーの1996年の作品『GET ON THE BUS』。観るのは2度目でしたがやっぱりよかったなぁ。

1995年にネイション・オブ・イスラムの指導者ルイス・ファラカーン師が呼びかけ、ワシントンで行われた黒人による「ミリオン・マン・マーチ」。この大行進に参加するためにLAから5000キロを旅するバスに乗り合わせた、それぞれにトラブルを抱えた10数名の男たちの人間模様を描き出した映画です。派手なストーリー展開はありませんが、故オジー・デイヴィスをはじめ、みな個性的で魅力的な俳優ばかり、それぞれにリアリティがあって…素晴らしい映画だなぁ。『DO THE RIGHT THING』も『MALCOLM X』ももちろん大傑作ですが、ベストはこの『GET ON THE BUS』。と言っちゃいます。

スパイク・リーのフィルムでは音楽の使い方がいつもツボにはまります。バスの出発と共に車内が大合唱となるJBの「Papa Don't Take No Mess」、白人警官から深夜の屈辱的な検問を受ける場面のバックではカーティス&インプレッションズの「People Get Ready」、車を降りての殴り合いのシーンではボブ・マーリーの「Redemption Song」のスティーヴィーによるカバー・ヴァージョン。微妙に皮肉っぽい使い方も上手いなぁと。で、感動のエンドロールで流れるのがゴスペル・ソングのこの「My Life Is In Your Hands」。

ゴッズ・プロパティ・フロム・カーク・フランクリンズ・ニュー・ネイション。長ったらしい名前ですが、ゴスペル界の革命児、カーク・フランクリンさんがプロデュースした30数名からなるクワイアです。

カーク・フランクリンはゴスペル・ソングに大胆にもヒップ・ホップを取り込んだ男。その話題性も手伝いこの曲を含むアルバムは、ゴスペルとしては異例の200万枚の売り上げを記録したとか。ヒットした「Stomp」にはファンカデリックの「One Nation Under A Groove」がサンプリングされています。でもこの「My Life Is On Your Hands」はしごくまっとうなゴスペル・ソング。カーク・フランクリンの語りに導かれ穏やかに始まる美しいメロディ。しかし次第に盛り上がり、やがて抑えきれなくなってシャウトをはじめるもの多数。信仰の力、みたいなものを感じる感動的なバラッドです。

このCDを買ったのは初めて『GET ON THE BUS』を観たしばらく後。映画を観たときはこの曲にいたく感動しましたが、どこの誰が歌っていたのか確認できず。その後たまたま買ったこのアルバムに入っていたのを発見し感動が甦りました。

『GET ON THE BUS』、DVD出てます。お勧めですよ〜。


kirk franklin.jpg
posted by ac at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

Jesus Met The Woman At The Well / Blue Jay Singers

ゴスペルできましたか。おぉロード。マヘリア・ジャクソンも素晴らしいけど今宵はクァルテットもので。邦題「井戸端でイエスに会った女」。新約聖書ヨハネ伝から主題をとった神聖なる曲ですが、恐縮ながらいつものように一杯やりつつ。

今はちょっと下火になったのでしょうか。ゴスペル・ブーム。大編成男女混声のクワイアものが人気でした。「あなたも歌えるゴスペル・コーラス」みたいな。NHKおはよう日本トレンド情報なんかで45歳専業主婦ゴスペル・コーラス始めました私とっても楽しいです、などというのを見ると何となくギョッとしてしまうのですが、3歳だの5歳だのから教会で歌い込んでる彼の地の人々のようにはそうそう歌えるわけもありません。でもまぁ一黒人音楽ファンとしては好もしいブームではありました。

しかしそのゴスペル・ブームの中にあってもあまり一般的な話題にはならなかったスタイルが男性アカペラ・クァルテット。40年代〜50年代にかけてのゴスペル最隆盛期に主流だったスタイルです。ファイブ・ブラインド・ボーイズ(アラバマにミシシッピ)に、かのサム・クックを育てたソウル・スターラーズ、ジュリアス・チークス率いる宣誓書なる、もといセンセイショナル・ナイチンゲイルズ、スワン・シルバートーンズにディキシー・ハミングバーズにスピリット・オブ・メンフィスなどなどなど、綺羅星のごとく名門グループが競い合っておりました。

クァルテットものの魅力は何といってもハード・シャウティング。汗とつばきがスピーカーから飛び散ってきそうなリード・シンガーの激唱に、それを盛り上げる分厚い男声コーラス、さらに下で支えるベース・シンガー。4人か5人の声だけでこんなに厚く、こんなに熱い音楽ができるのです。すごいすごいすごい(ボビー・ブルー・ブランドの「Cry Cry Cry」のメロディで…)。

さてフェイマス・ブルー・ジェイ・シンガーズ・オブ・バーミングハムです。その名のとおりアラバマ州バーミングハム出身高砂部屋。一時は“鋼の喉”サイラス・スティールとチャールズ・ブリッジスの2大バリトンを擁した超重量級クァルテットです。この「井戸端でイエスに会った女」は残念ながらサイラス・スティールがスピリッツ・オブ・メンフィスにFA移籍後の1950年録音ですが、分厚いコーラスで聴かせます。めずらしくソロ・パートはなし。でも男臭さにむせ返るようなド迫力コーラスで昇天必至。熱いです。灼熱。力強くリズムを刻むベース・ヴォーカルも、ブレスがきつそうではありますが頑張っています。


などと偉そうに書いているわたくしでありますが、奥の深いゴスペル・クァルテットの世界、聴いただけでどのグループが歌っているかがわかるのは、特徴的なリードを抱えた数グループのみです実は。全体的にスタイルが似通ってるんですよね。ただその中にも微妙な味わいの違いがあるらしく、わかる人にはわかる世界。まぁその辺は老後の楽しみ、ということにしときましょうか。というところで、んでまず。

gospel train.jpg
posted by ac at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。