2007年09月12日

Mercy, Mercy, Mercy / Cannonball Adderley Quintet

アベ首相も辞めましたが、ジョー・ザヴィヌルさんも亡くなりました。全然関係ありませんけど。享年75歳。ハブ・マーシー。

ジョー・ザヴィヌルさんはオーストリアは音楽の都、ウィーン音楽院の出身、だそうです。なにもわざわざアメリカまで行ってヤクザなジャズやフュージョンなんかに手を染めなくても、と思うけど、そこはまぁ人の勝手ですね。60年代のキャノンボール・アダレイのバンドで腕を磨き、1970年にウェイン・ショーターと組んだウェザー・リポートで一躍有名になりますが、70年代以降は僕は殆ど興味がありません。でもこの「Mercy, Mercy, Mercy」を作った、ということだけで忘れられないアーティストであります。

「Mercy, Mercy」だとドン・コヴェイ、「Mercy Mercy Me」だとマーヴィン・ゲイ、「Mercy, Mercy, Mercy」と3つ並んでようやくキャノンボール・アダレイ・クインテットの登場ですね。1966年の同名のライブ盤からのヒット曲。ゴスペル臭のぷんぷん漂う、ゆったりとしたスロー・ファンクです。ヨーロッパ生まれの白人が作ったとはとても思えない黒々としたグルーヴ。この曲ではザヴィヌルはエレピを弾いてますが、これもまたアーシーですね。ボビー・ティモンズよりも黒いかも。こうした感覚も後天的に身につけられるもんなんだなぁ、がんばらなくちゃ、と思う。

さて、バンドのリーダーはジュリアン・キャノンボール・アダレイさん。作曲者に敬意を表してこの曲ではソロはありませんが、まことに大らかによく歌うアルト・サックス吹きです。歯切れのいい符割りと温かくて深みのある音色。下手なテナー奏者よりもぶっとい音にしびれます。弟のナット・アダレイと組んだクインテットでは、この曲の他、「This Here」や「Work Song」といった黒々としたヒットを飛ばし、その体型ともあいまって「ファンキー大王」といったイメージ。マイルスのとこにもしばらくいたし、ビル・エヴァンスと共演したりと、幅広く正統派な活動もしてるんですけどね。

「Mercy, Mercy Mercy」は名曲だけにカヴァーも多数。お気に入りはメイシオ・パーカーさんがリバース・ブラス・バンドの皆さんと共演したバージョン。『SOUTHERN EXPOSURE』収録。今週の土曜、メイシオ聴きに行ってきます。


cannonball adderley.jpg
posted by ac at 23:16| Comment(0) | TrackBack(2) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55069663

この記事へのトラックバック

You Must Believe in Spring
Excerpt: Bill Evansで一番好きなアルバムは?と聞かれれば自分は「Explorations」を選ぶ。では好きなアルバムを3枚選べと言われれば、このアルバムは是非入れたい。この「You Must Beli..
Weblog: ジャズ・フュージョンをあげる
Tracked: 2007-09-29 08:06

Live at the Montreal Jazz Festival (Dol)
Excerpt: CDは数枚もっていてお気に入りの女性歌手なので、値段の安さにひかれて購入しました。選曲はThe Girl in The Other Room ですが、エルビス・コステロとの共作も多く静かで心象的なひた..
Weblog: ジャズの極意
Tracked: 2008-02-22 17:21