2015年12月31日

Yesterday / Soul Children

back_to_the_river.jpg

大晦日。いつものように大掃除をすべて完了させることを早くもあきらめ、毎年のようにこうしてPCに向かってみたりしています。

一昨日は昼の12時新宿集合で昼飲み忘年会。しょんべん横丁(正式には思い出横丁ね)でやたらと濃いホッピーはしごして、明るいうちから完全に出来上がって、夕方早い時間にはバイバイしたんだけど、帰ればいいのに独りで新宿の街をふらふらしてみたりして、気が大きくなって、欲しい欲しいと思いつつ、年末の物入りの中その値段の高さ(3枚組税込8,208円)に購入を躊躇していたCDを買っちゃったみたい。で、家に帰って小一時間ほど昼寝(夕寝)して、まただらだらと飲み始めちゃったりして「あ、そういえばCD買ったよな…」と思ってカバンの中を探したら、ありません。なんせ酔っ払ってるもんで「買ったつもりになっただけか…」と念のため財布の中を見てみたら、しっかり8,208円のレシートがありました。ちょっと青くなりつつも、なんせ酔っ払ってるもんで、「こんなことなら少し安い輸入盤を買っておくんだった」などと、ワケの分からぬ反省をしつつ、そのまま飲み続け寝てしまいました。

翌朝、こんどはしっかり青くなって駅の遺失物相談所へ。「物はなんですか」「CDです」「むき出しですか」「いや、黒と赤の…ディスクユニオンと書いた袋に入っています」「ちょっと待ってね…カタカタカタ…それらしきものが高尾駅にありますね」「(おぉ神よ)ありがとうございます!」と、その足で高尾駅まで行き、無事の再開を果たしました。日本はまだまだよい国です。自分の身体が意に反して高尾駅に行ってしまうことはこれまでもままにありましたが、今回はソウル(のCDね)だけが旅をしてしまったようです。

そんなついているのかついていないのかよくわからない年末。しかし我が手に帰ってきたCDは文句なく素晴らしいものでした。『BACK TO THE RIVER: MORE SOUTHERN SOUL STORIES 1961-1978』。2008年に組まれたこれも3枚組の傑作オムニバス『TAKE ME TO THE RIVER: A SOUTHERN SOUL STORY 1961-1977』の続編、1960年代〜70年代のサザン・ソウルの思いっきり濃いところを濃縮したような全75曲。昨日も今日も掃除をしながらずっと聴いていました。

購入前に目にしていた売り文句は「ソウル・チルドレンによるビートルズ『イエスタデイ』の幻のカヴァーだけでも“買い”だ」。いや値段が値段ですからね、一曲で買いってことはないでしょ、と思ってましたが、これがまさにそのとおりの凄い出来でした。最初に聴いて鳥肌立って、そのままリピート5回ほど。「Yesterday」はビートルズの数あるヒットの中でも最大の駄作だと思っていましたが、見事なソウル・ナンバーに蘇えらせたJ.ブラックフットさんの絶唱が聴けます。なぜこれが未発表?という出来ですが、アルバム作る前にスタックスが倒産してしまったからだとか。皆さんにもすぐに聴いてほしいところですが、さすがにまだYouTubeには上がっていないので、今回は映像貼付けはありません。でも、それ以外にも名曲満載のこのアルバム、ソウル好きなら絶対損はしないので、是非購入をおススメします。

さて、いろいろなところに積み残しを残したまま、毎度のように年が暮れていきます。更新頻度はすっかり落ちておりますが、今年もこの駄ブログで一献おつきあいいただきました奇特なみなさまには感謝申し上げますとともによいお年をお迎えください。チャオ!

posted by ac at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431927583

この記事へのトラックバック