2015年07月26日

I Love To Make Love / Barbara Lynn

hot_night_tonight.jpg

先週の土曜日は四谷三丁目Blue Heat、翌日の日曜日は名古屋新栄OTIS'にてライブ(別バンドです)。大変遅ればせながら、ご来場いただきました皆様には心より感謝申し上げます。普段は年に数回しか演らないライブを遠距離連戦移動日なし。飲んだビールも溜まった疲労も結構な量ではありましたが、ココロにチャージされたエネルギーはそれを上回るものでした。聴きに来ていただきました皆様とバンドのメンバーにいただいたもの。おかげさまでこの正気を失いそうなクソ暑い東京にて、デモにナイターに居酒屋にベンチにと、バカ夏を突っ走っております。

真夏の夜、外は雨ではありませんが、冷房の効いた部屋のソファーで火照った身体をクールダウンしながら聴くのにぴったりの(?)一曲、大好きな大好きなバーバラ・リン姐さんの「I Love To Make Love」を。バーバラ・リンさんといえば何といっても1962年に可憐に咲いた「You'll Lose A Good Thing」が最大のヒット。その他にも以前に紹介したマイ・ベスト、67年の「Until Then I'll Suffer」など、よくある60年代シングル歌手の印象ですが、この「I Love To Make Love」は2000年のアルバム『HOT NIGHT TONIGHT』の冒頭に収められていたもの。息の長さが違います。

70年代後半から80年代は録音もほとんどなく、半引退状態でしたが、84年に突如来日し、素晴らしいステージを聴かせてくれたバーバラ・リンさん(残念ながら来日公演は後付けで録音を聴いたのみです…)。90年代以降はシーンの表には出ることこそないものの、何枚かの素晴らしいCDを残してくれています。上掲の『HOT NIGHT TONIGHT』はその中では最愛聴盤。ドン・スミスのプロデュースにより、ストーンズ関連人脈も参加しています。「I Love To Make Love」は、ダダダダダダダと重たいドラムのイントロにハイ・サウンドを彷彿とさせつつもモダンな音づくりのバックにのせて、バーバラ嬢の抑えつつもぐっと滲み出るソウルが味わえる名曲。


1942年生まれですから今年で御年73。最近あまり噂を聴きませんが元気に歌っているのでしょうか。かの店のアンケートには何度も貴女の名前を書き込んでいます。

posted by ac at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423051455

この記事へのトラックバック