2015年02月28日

I've Been Fooled Before / Gene Phillips and his Rhythm Aces

Gene_Phillips.jpg

ジーン・フィリップスさんは1940年代に「Honey Chile」というジャンプ・ブルース界に燦然と輝く名曲を残した偉大な人なのですが、一般的な評価はどうも僕の認識とは違うようです。ルイ・ジョーダンさんワイノニー・ハリスさんの大ファンだったようで、その2人のいいとこどりをしたような素敵な楽曲が多数。残された10数枚のシングル録音のクオリティは、決して2人にひけをとらないものだと思いますが、そのいなたいおっさん然としたルックスのせいか…彼らのような大スターにはなれず、ジャンプ歴かれこれ20数年の僕ですが「ジーン・フィリップスが好き♡」という人にはお目にかかったことはありません。単独名義で組まれたCDは恐らく英ACEからの2枚のみ。その2枚のジャケットに使われているご本人のポートレイトが全く同じもの、というのが寂しさをそそります。

ジーン・フィリップスことユージーン・フロイド・フィリップスさんは1915年セントルイス生まれ。10歳の頃に手にしたウクレレから音楽歴をスタートし、1939年には地元セントルイスで初代リズム・エイシスを立ち上げますがよくある話で鳴かず飛ばず、1941年にミルス・ブラザーズにギタリストとして参加します。翌42年にはミルスとともにロサンジェルスにツアーに出ますが、次のツアー先のカナダには召集令状のため出国できず、そのままロスに留まりロレンゾ・フレノイさんのフレノイ・トリオで初録音を残しています。遠い故郷を恋しがっていたかどうかは知りませんが、運命のいたずらでロスに流れ着いたフィリップス青年に転機が訪れたのがこの頃。クラブで演奏をしていたところを、MODERNレコードのオーナーであるビハリ兄弟にスカウトされました。トランペットのジェイク・ポーターさんやサックス(とアレンジ)のマックスウェル・デイヴィスさんを擁した新生リズム・エイシスはその強力なジャンプ力で前述のとおりいくつかの素晴らしい録音を40年代に残し、フィリップスさんは初期MODERNでのスター・アーティストになりました。

いい感じに軽くジャンプする1947年の「I've Been Fooled Before」を。ま、どうということもないよくあるジャンプ・ナンバーですが、オブリガードのミュート・トランペットがどうにも可愛い一曲です。とくに「don't say that you care(?)」と歌う後に「♪ピョロ」と吹くところ(21秒目)のキュートさったら、おっさん萌えちゃうのです。ホーン・セクションのクレジットが残っていないようなので、リズム・エイシスを支えたジェイク・ポーターさんのものかどうかはわかりませんが…。


50年代になると、ロックン・ロールの台頭とカントリー・ブルースのリバイバルで、ジャンプ・ブルースの時代は終わり、MODERNレコードの看板スターもB.B.キングエルモア・ジェイムスに代わっていきました。ヒットの出せなくなったジーン・フィリップスさんは他の多くのジャンプ・ブルースのスター同様、酒に溺れる生活に堕ちていったようです。晩年にはサウスカロライナの廃品回収所で暮らしていたというフィリップスさん、1990年(?)に亡くなったとされていますが、死亡記事はどこにも残されていないそうです…。

posted by ac at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | jump & jive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御無沙汰しております (汗)。

ジーンさんはミルスにギタリストとして参加してたんですね!!
全く知りませんでビックリです!
Posted by okeh at 2015年02月28日 21:42
okehさん、こちらこそ大変ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
ジーンさんのミルスへの参加、自分の耳で確認したワケではありませんが(録音が残っているかもわかりませんが…)ライナーからの受け売りではそのようです(笑)。今後ともよろしくお願いします!
Posted by ac at 2015年02月28日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック