2014年12月31日

That's Just A Woman's Way / Tommy Tate

518U+Y1WSWL.jpg

毎度のごとく、年末の忙しさ(呑んでるだけとも言う)にかまけて、ここをほったらかしにしていたら、こんな日付になってしまいました。本日は毎年恒例のCDケースの入れ替え作業実施。今年購入したもののラックは既にいっぱいで、その辺に野積みになっていたCDたちを、薄いソフトケースに入れ替えて何とか棚に収めるという作業。毎年やってます。「あれ、オレこんなの買ってたんだっけ?」と歳相応に思うことも多いのですが、いちいち聴いていたら終わらないので、もう聴かないかも…と思いつつとにかくひたすら棚につっこみます。しかしあれだね、今どき音楽をCDで買う人も少ないやね…などと思いつつ、何とか完了。他にもいろいろ掃除しなきゃいけないところばかりだけど、晩酌までに終わらせるのは無理!と判断したのでこうしてコンピュータの前に座ってみたりしているのです。

1年間に買ったCD眺めながら思い出したのは、今年1年のあんなこと、こんなこと。岡山の音楽仲間がまた一人亡くなり(合掌)、ボビー・ウーマックさんボビー・キーズさんも亡くなり(合掌)、Twitterで知り合った愉快な皆さんとの即席バンドのライブに参加し、小布施と越後湯沢に酒呑み旅行に出かけ、昨年に引き続き浜松球場で友人と旧交を温め、新監督のもと再スタートをしたわが愛する中日ドラゴンズは2年連続のBクラスに終わり、ローリング・ストーンズのみなさんやシル・ジョンソンさんの素晴らしいライブを鑑賞し、さらに素晴らしい国内のミュージシャンの方のライブをいくつも拝見し、青森のジャパン・ブルース・フェスティバルまで出かけてみたりしたり、マッスル・ショールズの素晴らしい映画が公開になり、うちのバンドはいつものとおり3回のライブを行い、大好きな三鷹のお店が火災の延焼の被害にあい、何度かデモにも参加したけどこの国の右傾化は止まらず、老母に認知症の症状が出始め、僕のγGTP値は増え続けています。(以上、個人的備忘録として…)

大きなトピックは前から何度かライブを聴きに伺っていたディープ・ソウル・バンド「TEACHER & THE SOUL EXPRESSO」にお誘いいただき、年末のライブでご一緒させていただいたこと。たった1度のリハだけでの本番は結構緊張しましたが、大好きな曲ばかりで、自分の演奏も忘れて聴きほれちゃう瞬間もありました。なかでもとびきり好きな曲が、サム・ディーズさんと並ぶフェイバリット・ソング・ライター、トミー・テイトさんの書いた「That's Just A Woman's Way」。元々はジョニー・テイラーさんのために書かれた曲のようですが、ご本人の歌うデモ(?)バージョンも上掲ジャケットの未発表録音集で2009年に陽の目を見ています。ジョニーさんのきらびやかなバージョンよりも、トミーさんの朴訥な歌いっぷりの方がいいなぁと思います。ギターソロに入るところは至福の瞬間なのです。



TEACHER & THE SOUL EXPRESSOのライブ音源はこちら。僕は聴きほれるばかりでほとんど吹いていませんが…。

この駄ブログを始めてから驚くべきことに9回目の年の瀬になります。年々更新頻度が落ちてしまってはいますが、なんとか今年も年越しまで来ました。来年も細々だとは思いますが、続けていこうと思います。今年こちらで一献おつきあいいただきました奇特な皆様には、心より感謝申し上げますとともにどうぞ良いお年をお迎えください。チャオ!

posted by ac at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411575230

この記事へのトラックバック