2014年11月21日

Wine Wine Sweet Wine / Wynonie Harris

Wynonie Harris.jpg

ワインという飲み物の良し悪しがさっぱりわからないままこの歳になりました。もちろんアルコールが入っている以上、嫌いなわけはないのですが(笑)、やれボジョレーだのなんだかんだと、まるで盆と正月とクリスマスが一緒に来たみたいに、成城石井なんかが駅構内にまで出張って来て「さあ買え!いま買え!」と商魂丸出しながらも何か偉そうに販売するのを見るにつけ、けっ!と思うのです。うるせえ、今夜は熱燗でぃ!

しかし、けっ!と思った頭の片隅に、その昔、ボジョレーをしこたま呑んでやたらと楽しい気分になった思い出が残っておりました。もうおそらくは四半世紀も前のおはなし。全然知らないけど、日本にボジョレーが上陸して間もない頃だったのでしょうか。銀座のデパートでは競い合うようにセールをかけて、試飲会をやってました。

えと、前夜からのM屋デパート催事場での内装徹夜バイト、翌日も眠い身体に鞭打って、ようやくあがりの午後のこと。今思えば多分それがちょうどの解禁日だったのかな、一緒にバイトしていた今は静岡に住むココロの詩人氏と2人、なんだか吸い込まれるようにフラフラと地下へ降りてみれば、そこには100円でボジョレーの試飲を勧めるお姉さんが。ヘトヘトに草臥れているし、腹は減ってるし呑みたいし、(日払いバイトなので)小金は持ってるしで、迷わず試飲。「へぇ、結構いいね」なんてお愛想言いながら(ホントはアルコールが入ってりゃ何でもいいんだけど)「じゃ、こっちをもう一杯」なんてね。ボトル買う気はさらさらないので、3杯目にはそっと出し。しかし銀座じゃ当時は各デパートおんなじような商売なので、ハシゴをすればまた3杯。3軒目にはそれこそセンベロ。なんせ眠ってないので回りがはやいのです。しまいにはドラマー氏まで呼び出して、買う気はなかったボトルまで買って、屋上で盛大に呑んだような記憶が…。コルク栓はどうやって抜いたんだっけ。記憶は随分あいまいですが、ボジョレー解禁日の唯一の楽しい思い出でした。若いっていいね。いや、今でも大して変わらないことやってるか…。

鋼鉄の喉を持つ男、ワイノニー・ハリスさん。適度に荒れた超男前の歌いっぷりの、ミスター・スタンダップ・シンガー。惚れ惚れします。全盛期を過ぎた1954年にシンシナティで録音された「Wine Wine Sweet Wine」を。ソニー・トンプソンさんのピアノ他をバックに、けだるく歌うワイノニー。全盛期のマイクも壊れよ、というシャウトも素晴らしいですが、この枯れた味わいもまた酔わせます。では、ワインではなく熱燗で一献。


 
 
posted by ac at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | jump & jive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック