2014年03月29日

Twitter / パンチの効いたオウケストラ

orchestra on a punch.jpg

起きてる時間のほとんどが働いてるか泥酔してるか(!)なので、いろいろなところのTLとやらに全くついていけないのです。あちらこちらに不義理の上塗りを重ねる日々。どうもすみません。「ほろ酔い」で止めるということがどうにもできず、リビングに沈む毎日。翌朝に全く身に覚えのないツイートを発見して、赤くなったり青くなったりしています。

そんなアルコール漬けのアタマの中をこのところぐるんぐるんと回っているのが、パンチの効いたオウケストラの皆さんの「Twitter」という曲。冒頭のラップに続いて出てくるのは、ポップで切ないいいメロディですが、そこに贅沢にもこんなどうでもいい歌詞を乗せちゃう(ツイッターとはあんまり関係ないやね…笑)。かと思えば「消えてくさ 全部 大事なものまで もののはずみで消しちゃって…」などと本質的なセリフをさりげなくラップに織り込んでみたりして。幼な声のコーラスとホーン・セクションにマダムのギターも絶妙で、耳から離れてくれません。名曲なんだと思います。


河村要助氏の麗しきアート・ワークによる上掲のジャケットは、昨年12月に出されたアルバム『オウケストラ・オンナ・パンチ』。女3人寄れば姦しい、とは昔から言いますが、こちらはベテラン女性ミュージシャンがどーんと14人。この「パンチの効いたオウケストラ」、マダムギターこと長見順さん、ベースのかわいしのぶさん、ドラムのグレイスさんの3名からなるバンド「パンチの効いたブルース」の結成10周年を記念して、様々なジャンルの腕利き女性ミュージシャンを集めた管弦楽団だそうで。アルバム通して聴くと、すさまじい熟女パワー(失礼!)に頭がクラクラしますが、名演多数。女は強しです。
 
posted by ac at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック