2011年09月28日

They're Red Hot / Robert Johnson

Robert Johnson.jpg

辛い物好きだから馬鹿になっちゃったんだか、馬鹿だから辛い物好きになっちゃったんだかわからないけど、辛目のものが大好物なのです。七味も胡椒もタバスコもドバドバ入れちゃう。本日の昼食は武蔵小金井「プーさん」にて野菜チキンカレー極辛プチ(サイズね)をいただきました。野菜たっぷしのヘルシーそうな見た目ながら、お味のほうは凶悪な逸品。顔面の滝の汗を拭き拭きしながら苦行のように食べましたが、必ずまた食べたくなっちゃう絶品なのです。さらに本日、ふらり立ち寄った古書店で「トウガラシの文化誌」なる見目麗しい書籍を発見し、即購入。これから読むのですが、肛門に悪そうな一冊であります。

そんなわけで、あんまり関係ありませんが「They're Red Hot」。かのロバート・ジョンソンさんの残した貴重な作品の中からの一曲です。1930年代、残した録音はわずか29曲なれど、21世紀の日本の雑誌「レコード・コレクターズ」で巻頭特集が組まれちゃうほどのブルースの巨人。そのわずかな録音が何度もリイシューされてるってことは一応売れるんだろうな。まぁ、古い価値ある黒人音楽が注目を浴びるってのは悪くないことです。

「They're Red Hot」。昔から、この曲は好きだなぁ、と思って聴いていたのですが、そのレコード・コレクターズ誌によると「ロバートの録音中、最異色のホウカム・ナンバー」だそうで。かの中村とうようさんが「全29曲のうち1曲を除いた他の全ての曲の奥底にふつふつと燃え盛る情念が潜んでいる」と論評したその例外の1曲がこの曲だとか。そうか…僕の好きなこの曲には情念がこもっていないのか。ブルース・ファン失格です。生まれてスミマセン。たしかに他の曲とは違い、ギターはストロークだけだしね、いわゆるデルタ臭さは全くありません。でもね、ホントは彼はブルースばかりじゃなく、こんな曲も歌いたかったんじゃないかな、と思うのです。かのクラプトン氏も嬉しそうに(もっと軽いけど)歌ってるしね。


前回エントリーのころはまだ夏でしたが、あっという間に熱燗の恋しい季節です。先月の叔母の後を追うように、偉大な医師だった叔父が亡くなりました。落合監督退任発表。台風15号。いろいろなことがありすぎる9月です。
 
posted by ac at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック