2010年08月11日

Ain't It Funky Now / James Brown

love power peace.jpg

フェルプス“キャットフィッシュ”コリンズ(Phelps 'Catfish' Collins)さんが天に召されました。享年66。ブーツィー・コリンズさんの実兄にして、「Sex Machine」「Super Bad」などのファンクの聖典を残したオリジナルJBズのメンバーです。と説明しなければならないのがなんとも悲しいね。御大JBと多士済々の取り巻きの中では影は若干かすんじゃうかもしれないけど、確固たる個性を持ったギタリストでした。「キャットフィッシュ」の名のとおり(?)、ブルージーで粗野でいながらファンキーなギター。ラバーバンドの来日公演で観ましたが、かっこよかった。


Ain't It Funky Now。ご冥福をお祈りいたします。

posted by ac at 20:51| Comment(2) | TrackBack(1) | funk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人の良さそうな顔してたキャットフィッシュさん。最近の活動は知りませんでしたが、残念です。
映像のParis Liveは残された音源でもベストな演奏ですね。この時期の発掘はさらに進めて欲しいくらい愛聴しました。泥臭くも骨のあるファンキーなプレイはもっと評価されてもいいですのにね。合掌。
Posted by ezee at 2010年08月15日 00:35

人の良さそうな顔していながら結構凶暴なギターを弾くのも魅力でした。
おっしゃるとおり過小評価だと思います。エイメン。
Posted by ac at 2010年08月15日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Stretchin' Out In / Bootsy's Rubber Band * 1976 Warner
Excerpt:  フェルプス・キャットフィッシュ・コリンズ氏が逝去。言わずと知れたベーシストで炎のファンカー、ブーツィ・コリンズの兄貴で、言
Weblog: 音系戯言
Tracked: 2010-08-15 00:36