2009年08月21日

Shelter In The Rain / Irma Thomas

irma thomas.jpg

夜毎寝るまで呑み続けちゃうウーロン・ハイがごとく、だらだらとしまりなく続けてまいりましたこのブログですが、今回が記念すべき200献目となりました。小さく吐息。書いてる文章は酔ったいきおいのデタラメ受け売りオンパレードですが、選んだ曲については全部「すげぇいい曲!」と個人的には思う曲ばかり、そこに殆ど妥協はありません。堂々200曲のラインナップ!といいたいとこですが、ジャンルも時代もなんもかんもバラバラですね。書き続けていくうち己の音楽的志向が明確になってくるのでは…、などとも思って始めたのですが…ますます混沌としてきちゃったみたい。全部が全部「すげぇいい曲!」と言ってくれる人がいたら素晴らしいんだけど。いないよなぁ…。

記念すべき200曲目ですがいつもどおりの飾らない選曲で「Shelter In The Rain」。スティーヴィー・ワンダーさんが2004年に亡くなったかつての妻、シリータさんのために書いて、ハリケーン・カトリーナの被災者に捧げるチャリティー・ソングとなった曲。スティーヴィー自身の歌によるものも文句はないのですが、このテーマならばより相応しい歌い手、大好きなアーマ・トーマスさんによるバージョンを。

2006年の『AFTER THE RAIN』から。タイトルどおりハリケーンの翌年に出された、ルイジアナ出身の彼女だからこそ作れたアルバムです。ちょっと聴くと聴き流しちゃう地味な曲が並んだアルバム。そこには怒りも絶望もありません。小さきながらも前へと進む力、の集大成。で最後にしっとりと歌われるのがこの「Shelter In The Rain」。ピアノ1台のみのバックながらオーケストラのような説得力にやられちまいました。歌ぢからだなぁ。(当時)65歳のアーマ嬢の渾身のヴォーカルに酔う、夏終盤。あ、まだ海にも行ってない(泣)。
posted by ac at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | New Orleans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつかやらかすとは 思ってましたが、
とうとうやってしまいましたね・・・

当分の 外出禁止令の 期間に
たくさんの更新が できること
心より期待しております。

反省と自戒の上、今後は
記憶とぶまで 呑まないようにね!

Posted by 長年のお世話係 at 2009年08月25日 16:42

長年のお世話係さま
まったくメンボクないです。長年に渡り多々介護していただいたにもかかわらず、症状は悪化をたどる一方でした。これを少々高い授業料と考え、抜本的な対策を断行せねば…と肝(肝臓?)に銘じているところです。
謹慎中にて時間はあるし頭は珍しく素面ですが、ネタだらけの夜の顛末は、いずれここに書けるような精神状態になってから…ってことで。
Posted by ac at 2009年08月25日 21:47
200回おめでとうございます
ところでアーマさんのこのアルバムは気になっていて忘れていた作品。これは聴かなくては!と思いました。
またエエ音紹介、頼んます!
Posted by ezee at 2009年08月29日 15:22

ezeeさん。
ありがとうございます。
このアルバム、最初聴いたときはすごく地味で正直言ってあまり面白みを感じなかったのですが、聴けば聴くほど味が出る「するめアルバム」。おススメです。
「音系戯言」もいつも楽しみにしてますよ!
Posted by ac at 2009年08月29日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126195517

この記事へのトラックバック