2009年06月29日

When Hearts Grow Cold / Candi Staton

candi staton.jpg

梅雨もペナントレースも中休み。ついでに僕も仕事が休みで絶好の「俺のベンチ」日和でした。平日の午前中からベンチで寝転び缶ビール片手にTシャツ脱いで音楽聴いてるいい歳のおやじ。犬の散歩のご婦人などからかなり冷たい視線を浴びせられますけどね、至福の時です。気にしない気にしない。

聴いていたのはキャンディ・ステイトンさん。今月号のブルース・アンド・ソウル・レコーズでアルバム完全ガイドなんてなものをやってたもので、読んでたら火がついちゃったみたい。濃密な2時間でした。

その昔、1971年フェイム録音の『STAND BY YOUR MAN』は絶対だと思っていました。鈴木センセイもそう言ってたしね。声の伸びがあるわけじゃない。レンジが広いわけでもない。ピッチだってイマイチだ。ルックスだって…(失礼)。でも聴いてる心にぐっと響いちゃうのは、いかにも実直そうな南部の小娘、というイメージからでしょうか。さすがはリック・ホールの秘蔵っ子、地元アラバマ、フェイム録音はバックのよさも手伝って名曲多数です。今じゃリイシューCDでそのほとんどは聴けます。学生のころは血まなこで中古屋まわってましたけどね(ヒマだっただけかも)、ま、どちらもいい時代です。

ブルース・アンド・ソウル・レコーズの特集見てて驚いたのは、そのフェイムを離れてからの録音。70年代中ごろまでのアルバムはいきおいで買いましたが、正直言って内容は「うーん…」。その後は全くフォローしてませんでしたが、そのアルバム数の多いこと。1983年のゴスペル転向後も含めて2002年までほぼコンスタントに1〜2年のインターバルでアルバムをリリース。売上枚数こそぜんぜん違うと思うけど、サザンかユーミンか…というリリースのペースです。ゴスペル・アルバムってのはあまり利益にこだわらなくていいのかなぁ。

今宵の一献は「When Hearts Grow Cold」。「心が冷たくなっちまったらおしまいさ」って、ボビー“ブルー”ブランドさんやオーティス・クレイさんも歌ってる名バラッドです。2006年に20数年ぶりに世俗音楽に復帰したアルバム『HIS HANDS』から。もうばりばりに70年ころのフェイム録音を意識したカントリー&ソウルなバックに、針を落とした瞬間に涙が出ました(CDには針は落とさねぇか…)。そして健在なのがキャンディの「南部の小娘」ぶり。相変わらずの素人っぽい歌いっぷりですが、説得力は抜群。今年も同じ路線のアルバム出してますが、この曲ほどのインパクトはなかったなぁ。静止画だけどこの曲のYouTubeはこちら。掌の脇のシワがさぁ、年輪だよね。かっこいい。

さてここで宣伝。うちのジャンプ・ブルース・バンドのライブは今週土曜日、いつもの渋谷のお店です。お暇と興味のおありの方は是非。
posted by ac at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック