2009年05月28日

Until Then I'll Suffer / Barbara Lynn

barbara lynn.jpg

テキサス出身の左利きのギター弾き、というと思わずオーティス・ラッシュさんあたりが頭に浮かぶけど、ラッシュは(調べてみたら)ミシシッピ出身でした。こちらはテキサスに咲く可憐な歌姫、バーバラ・リンさん。清楚だけどちょっとハスキーな歌声が印象深いレディ・ソウルです。

1962年に「You'll Lose A Good Thing」が大ヒット。こちらもいい曲です。その曲で1966年に伝説のソウル番組「ザ・ビート」に出演した若き日の映像がこちら(↓)。可憐な歌姫はたくさんいるけど、ギター弾きながら歌う姿がね、ぐっときます。


「You'll Lose A Good Thing」がブレイクしたのは二十歳のころ。それを凌ぐヒットは出ませんでしたが、以来今まで地道に現役続行中。60年代後半にはアトランティック入りし、素朴なサザン・ソウルをいくつか残していますが、とびきりなのが67年録音の自作バラッド「Until Then I'll Suffer」。歌もギターも素敵だけど、ソング・ライターとしても素晴らしい。田舎の姐ちゃんみたいな印象でしたが、実は才女だったのね。曲はこちらで聴けます。


上記のアルバムはイチバンから1994年に出されたアトランティック録音集めた編集盤。けどとっくに廃盤。珠玉のアトランティック録音は今はいくつかのコンピで数曲聴けるだけなのか…、とおもっていたら、来月こんなのが出るみたい。詳細不明妄想増大。

バーバラ・リンさんの曲には、20年位前になにかの編集もので初めて耳にして…、惚れました。その後ビジュアル見たら…ますます惚れました。昭和17年生まれ、ということは今年67歳か。でもいくつになっても可愛いです。なんて言っては失礼か。再来日待望。ブルース・カーニバルか何か、青空の下でお会いしたいなぁ。

posted by ac at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バーバラ嬢のアトランティック時代は、現在は私もこのCDでのみ聴いてる状況です。
以前は、国内盤のベティ・スワンとのカップリングLPなども所有してたのですが、手放して後悔してます (苦笑)。

というか、アトランティック録音の多くは Crazy Cajun録音の権利を ヒューイ・Pさんから買い取ってリリースしてるんでしょうかね???
正直この辺はよく解っておりません。 ディスコグフィーも持ってないもので (汗)。

「Until Then I'll Suffer」良いですよねぇ。
track 13「He Ain't Gonna Do Right」も良いし、track 14「Love Ain't Never Hurt Nobody」や track 16「I'm A One Man Woman」なんかもタマらなく好きです。
(track 2「Ring Telephone Ring」はちょっと不気味ですが:笑)。

acさんが仰る様に、ギター弾く姿もタマらなくカッコ良いんですよねぇ。
なんか女性という事を完全に忘れて心底シビれてしまいます。

Tribe や Jet Stream 録音も良いし、80年代以降も良いし、もうバーバラ嬢だったら何でも OKですよ!!(笑)。

御紹介されてる、来月リリースされるCDもどんな内容なのかマークしときます (笑)。
情報感謝でございます。
Posted by okeh at 2009年05月29日 20:59
okehさん。気持ちのこもったコメント、ありがとうございます!
しっかり聴き込んでらっしゃるようで、こちらの方が不勉強…お見それいたします。

あらためてみるとアトランティックものもクレジットは確かにCrazy Cajunになってますね。そういうことなのか…。

ベティ・スワンとのカップリングLP、『ELEGANT SOUL』ですよね。懐かしい。手描きのジャケットも内容も麗しい、まさにエレガントなアルバムでした。「It Ain't No Good to Be Too」何度も聴いた。

Tribe録音は寡聞にして未聴です。でもおっしゃるとおりバーバラ嬢にははずれなし(「Ring Telephone Ring」以外?)ですからね。聴かなくちゃ。
Posted by ac at 2009年05月30日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック