2009年04月26日

Up Above My Head / Sister Rosetta Tharpe

sister rosetta tharpe.jpg

テーブルの上にあさりバターの汁がこぼれているのが許せなかったりします。灰皿に吸殻以外のゴミが入っているのもダメ。紙おしぼりのビニールの袋とかね。そもそも紙のおしぼりが嫌いなんだ。ウェット・ティッシュはいりません、タオルをください。テーブルにグラスのあとの丸ししみがついているのも嫌です。焼き鳥に降りかけた七味唐辛子が皿の外にこぼれているのもイヤダ。イヤダカラ、イヤダ。

ぐびりと酒を煽りつつも、小さな水滴見つけては独りカウンターを拭き拭き。なんとも器が小せぇな、とも思いますが気になるものは気になっちゃう。大物にはなれねぇなぁと思います。

シスター・ロゼッタ・サープさんは大物だなぁと思う。一応ゴスペルのカテゴリーなんだけど、そんな小さな枠には収まりきる器じゃないです。ブルースもジャンプもなんでも心の意のままに。あのラッキー・ミリンダー楽団もぐいぐい煽っちゃっいました。聖も俗もあわせてのみ込んじまう鯨飲女。白いドレスでブルース・ギター、がかっこいいんだな。でもって弾きまくるし吼えまくります。気風のよさに惚れ惚れしちまう。よっぽど男らしいや。

「頭上高く楽の音ひびく」。マリー・ナイトさんとのデュエット、というかコール・アンド・レスポンスのこの曲。ギターの音色はあんまり気にしないのか(きっと小さなことは気にしねぇんだ…)、ペケペケです。ジョン柄、じゃない、じょんがらを連想させるギター・エヴァンジェリスト。かっこいいですよ。弾き語りの動画はこちら。クワイアを従えたのはこちら(このギター・ソロがかっこいいんだ)でどうぞ。でも歌わないクワイアって怖いね。圧力団体みたい。

豪快に「がはは」と生きたいけれど、灰皿の中の吸殻の向きが揃ってないとどうにも落ち着きません。座布団が並行に並んでないと気になって眠れない。瑣末なこだわりが狂おしい春の宵です。
posted by ac at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしもこの歌大好きですょ〜!!

でもこの歌しか知らない。。。


このジャケかっこぃぃですねぇ〜♬

Posted by じゅんじゅん at 2009年04月26日 22:26

ジャケットもイカしてますが、中身もおすすめです。
10年位前にふと買った仏盤編集CD(紙ジャケ)で、ジャケットはLPの復刻みたい。
LPサイズだったら飾りたいようです。
「Up Above My Head」タイプの素敵な曲多数。
でも、アマゾンで今見てみたら残念ながら廃盤みたいです…。



Posted by ac at 2009年04月27日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック