2009年04月18日

Chelsea Rodgers / Prince

planet earth.jpg

僕がブラック・ミュージックを聴くようになってから、かれこれ25年。その間プリンスは常に最前線にいました。四半世紀、まさに殿下の時代だ。でも最前線よりちびっと向こうに行っちまってたんで、正直言うとロクには聴いてなかったなぁ。あのビジュアルだし、ビートがロックだったりするしね。黒人音楽原理主義者(若い頃は狭量でした)からすれば明らかに異端。気になる存在ではあったけど、90年代までの諸作は殆ど持ってません。

ですが、例の物書き泣かせの妙なシンボル・マーク(元プリンスね)からプリンスに戻って(元元プリンスね)からはなんとなくいい。殿下もようやく50になったし、すこしはカドが取れてきた気がします。「ハタチ過ぎればただの人」って言葉があるけど、殿下の場合、50になってようやく等身大のミュージシャンになった気がする。←好意的に言ってます。まぁ相変わらずついてけない曲はついてけないけど。

新譜が出たばかりだけど、また面倒くさい配給ルートによりまだ買えてないので(面倒くさい人なんだ)、前作『PLANET EARTH』(サクライ・ストーンさんから贈っていただきました!)に収められていた「Chelsea Rodgers」を。最近見つけたお気に入りの一曲。これがね、またカッコいいのよ。めずらしくひねりのない、ディスコでファンクな直球ナンバー。朝の通勤時に聴くと宿酔いなど吹き飛んじゃう。「ウコンの力」なんかより格段に効果があります。ナイスなPVがあるので貼り付けたいと思ったけどYouTube探しても出てこない。著作権にうるさいんだ殿下は(面倒くさい人なんだ)。でもこちらで一応観られます。

明日は渋谷でうちのバンドのライブです。おヒマな方は是非!
posted by ac at 22:27| Comment(5) | TrackBack(0) | funk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワタクシもプリンス(とビートルズ)のみに関しては、四半世紀のファン歴ですが、90年代の作品を聴く頻度は低いです…

スティーヴィー・ワンダーの70年代同様、プリンスの80年代は、神懸り度100%だと思います。
ブックオフの250円コーナーによく並んでいますので(涙)、発見したら即ゲッチューで!

最近、スライを紙ジャケですべて買い直しまして、「暴動」→「フレッシュ」→「スモール・トーク」→「暴動」→「フレッシュ」→・・・のエンドレスリッスンで、聴けば聴くほどプリンス臭が漂ってきて笑ってしまいます(あ、逆か…)
Posted by サクライストーン at 2009年04月20日 14:39

煙草1箱より安いのか…。LPだけで持ってるやつ買いなおそうかな。
スライは熱い初期もいいですが、屈折した『FRESH』と『SMALL TALK』がたまらなく好きです。プリンスとのつながりはあんまり意識したことなかったけど、なるほど。
『一曲一献CD』第10集までできてます。来月ハマのJB氏がそちらに行くようなので託します。
Posted by ac at 2009年04月20日 21:03
毎度ありがとうございます!
いつもお返しに何かのCDを焼こうと思うのですが、こちらの所有するブラック系はすべて持っていると思うので、なかなか難しく…
プリンスでよければ全部あるので、希望アルバム教えていただければ焼いておきます。
最近作成した「ムード歌謡マイベスト」も、よろしければ焼きますよ。
リクエスト曲あれば受け付けます(たいていのムード歌謡ヒット曲ならあります)
個人的には「東京ナイトクラブ/フランク永井&松尾和子」にシビれまくり!
Posted by サクライ・ストーン at 2009年04月21日 12:19

殿下は250円で揃えようと決意しました。
なので「ムード歌謡マイベスト」お願いします!
曲目はおまかせで。サム“ザ・マン”テイラーのサックスがフィーチャーされてるのがいいなぁ(クレジットないか…)。
Posted by ac at 2009年04月21日 21:59
了解です。

ブッコフはおバカな店員(失礼!)のおかげで、たまにビックリする値段で買えたりしますよ。
プリンスのベスト&B面集の3枚組国内盤が300円で売っていたので、反射的に手に取りレジに向かったことも…

サム・テイラー、、、恥ずかしながら存じ上げていませんでした。
なのでwikiで調べてみたら、「わたしの城下町/小柳ルミ子」に参加しているとのこと。
この音源はありますので、入れておきます。

ハマJさんに託します。
Posted by サクライ・ストーン at 2009年04月22日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック