2009年01月30日

Rock In A Weary Land / Southern Sons Quartette

southern_sons_quartette.jpg

ヴィンテージ・ゴスペルで一献。

ディープ・ソウル、特に濃い目のシャウターが好みのタイプなので、当然ながらクァルテットもののゴスペルは避けて通れません。のちにソウル・シンガーに転身する人も多いし、それ以上にすんげぇ声のハード・シャウターが軒並み。まさに宝の山のハズなんですけどね、正直言うとそれほどはのめりこんでません。CDはちょこちょこと買ってはいるけど、『ゴスペル・サウンド』も途中までしか読んでないし(400ページもあるからね…)。信仰心がないからでしょか。でもそんな中では一番よく聴くのがこのサザン・サンズ・クァルテットの皆さん。

50年代初頭、ミシシッピ州ジャクソンのトランペット・レコーズに8枚のシングルを残したサザン・サンズ。ベース・ヴォーカルのクリフ・ギヴンズさんを中心とした6人組です。クァルテットなのに6人もいるのはヘンじゃねぇか、とおっしゃる人もいるかもしれませんが、まぁ細かいことは気にせずに。チャンバラトリオだって4人いたしね。ゴスペル界ではこの手の男声アカペラは何人いてもみんなクァルテットです。ちなみにこのサザン・サンズ、僕の大好きなロスコー・ロビンソンさんも若かりし日に一時在籍してました。並み居る名門クァルテットみたいな歴史も伝統もないけど、残された録音は間違いなく極上品。

1991年にP-Vineから出た『I LOVE THE LORD』。現存するトランペット録音の全曲集ながらベスト盤のような中身の濃さです。1枚でかなりおなかいっぱいになっちゃう。その名演揃いの中、冒頭に配された「Rock In A Weary Land」を。1953年の録音。

「My Got is a rock in a weary land, Shelter in a time of storm …」と厳かに唄い出すこの曲。すぐにアップ・テンポに切り替わって、重厚なコーラスをバックにリードのジェイムス・ウォーカーのシャウトが炸裂します。一糸乱れぬコーラス、のはずが、疾走するベースのクリフ・ギヴンズに煽られたか、感極まって突然叫びだすものあり。バスドラ入ってるみたいだけどあとは全部男たちの声。ぐつぐつと煮えたぎる鍋のような熱い一曲です。人間の声ってすごい。

老後の楽しみに…と思ってたゴスペルですが、僕もそろそろ歳だしね。まずは『ゴスペル・サウンド』読まなくちゃ。というところで、んでまず。

posted by ac at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | gospel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック