2008年09月29日

Funny (But I Still Love You) / Ray Charles

ray_charles.jpg

うかうかと更新もすっかりサボっていたらもうすっかり秋でした。なんだかんだといろいろあってさ、壊れ気味なこの身体です。熱燗も解禁したことだし一杯呑んで寝ちまいたいところですが、久々に一曲一献。

秋の夜長に沁みる曲「Funny (But I Still Love You)」。出て行っちまった恋人への手紙のかたちをとった未練がましいラブ・ソングです。レイ・チャールズさんの1952年のアトランティック初録音。自作曲ですが、まだまだその後のゴスペルを大胆に取り込んだ個性的なスタイルは影を潜めた、チャールズ・ブラウン・マナーもろ出しのブルージィ・バラッド。でもまぁこれが本家をしのぐいい出来なのです。誰だか知らないけどアタックがジョニー・ムーアみたいなギターもとっても美味。

フルソンのバンドのピアノからスタートして、ブルースにジャズにゴスペルを次々と取り入れ、その後のソウル・ミュージックの誕生に大きな貢献を果たしたレイ・チャールズさん。60年代にはさらにカントリーにまで手を出しちまったお陰で、原理主義的ブラック・ミュージック・ファンからはいまひとつ人気がなかったかも。僕も正直言ってその一人でした(恥)。晩年は不遇だったような気もしていましたが、2004年にお亡くなりになったときの日本のマスコミの大きな取り上げ方には驚いた。愛されていた人だったんだなぁと。ニュース画像のバックで流れていたのは「愛さずにはいられない」と「我が心のジョージア」ばかりでしたけど。

でも本当のレイは50年代アトランティック時代を聴かなきゃ始まりません。「Mess Around」に「Hallelujah I Love Her So」に「Drown In My Own Tears」。ジャンプ・ブルース以後、ロックン・ロール及びソウル・ミュージック以前。ジェリー・ウェクスラーさん(今年の8月16日にお亡くなりになりました、合掌)とアーメット・アーティガンさん(一昨年お亡くなりになりました、でもみんな長生きだ…)とレイ・チャールズさんで作り上げた当時の前衛黒人音楽。「R&B」なんて何にでも便利に使われちゃう言葉じゃなくて、その個性的なスタイルにちゃんとした呼び方をつけたいようです。ブルースでもゴスペルでもソウルでもないレイ・チャールズの時代。

「愛しのエリー」を聴きたくなくて、結局来日公演には足を運びませんでしたが、今思えばつまらないこだわりで惜しいことをしました。そろそろ「Funny」を肴に熱燗つけますかね。電子レンジが哀しいけど。
【関連する記事】
posted by ac at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | blues / R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
https://www.youtube.com/watch?v=N-liMXN8-Ic#t=136

I know you've been hurt by someone else
だれかに傷つけられたんだろ?
I can tell by the way you carry yourself
一目見ただけで、わかるよ
But if you let me, here's what I'll do
きみがさせてくれるなら、俺はこうしたいんだ
I'll take care of you
まかせておいて、きみをしあわせにするよ

I, I've loved and lost, the same as you
俺は愛して、その愛を失った、きみと同じように
So you see, I know just what you've been through
だから、ほら、きみがどんな思いをしてきたかはわかってる
But if you'll let me, here's what I'll do
でも、きみがさせてくれるなら、ぼくはこうしたい
Oh, I just got to take care of you
ああ、まかせてほしい、きみをしあわせにするよ

You won't ever have to worry
もうくよくよ心配しなくていい
You won't ever have to cry
涙なんかとは縁切りだ
For I'll be there beside you
俺がずっときみのそばにいるんだからね
To dry your weeping eyes
きみの目が濡れたら拭ってあげるために

So, darling, tell me that you'll be true
だから、ねえ、きみ、浮気なんかしないと約束して
For there is no doubt in my mind, I know what I want to do
だって、うそ偽りなしのほんとの気持ちさ、それがぼくの望みだってことは
And just as sure as one and one is two
1足す1が2だというのと同じくらいに確かだよ
Oh, you know I'll take care of you
ああ、まかせてほしい、きみをしあわせにするよ
I'll take care of you
俺にまかせて
I'll take care of you
俺にまかせて

こんなのも好きです。
Posted by 3614 Jackson Highway at 2016年10月04日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107335162

この記事へのトラックバック