2008年07月23日

That's Where It's At / Sam Cooke

keep movin on.jpg

決して楽しいことばかりじゃなかったので学生時代をもう一度やりたいとは思わないけど、今日みたいなクソ暑い日には長かった夏休みを懐かしくも羨ましく思い出します。2ヶ月近くも延々と続くお日様とヒマの日々。お金がなくなると日払いのバイトして、その足でビール呑みに行って、その足で誰かん家に泊めてもらって、昼まで汗ダラダラ流しながら寝てて。で、午後になると街に出て、ってももっぱら本屋とレコ屋ばっかグルグル回って、1日過ごして買うのは文庫本の一冊に中古LP一枚くらい。お金ないからね。で、日が落ちてきたらまたビール呑んで、たまには楽器吹きに行って、呑み代尽きたらまたバイトして。そんな日々。なんて書くとちっとも楽しくないみたいだけど、な〜んにもしないってのが一番贅沢なんじゃないかと思う。最近じゃたまにちょっとした休みが取れると海だ山だ実家だ海外だって(行ってないけど)、結局渋滞だの大荷物だので疲れちまうしね。

今日は仕事休んだけどなんにも予定なし。午前中にちょっと楽器吹きに行って、昼に「俺のベンチ」でビール呑んだけどあまりの暑さに1時間で退散。吉祥寺まで自転車で出て本屋とレコ屋ふらふらして結局また「いせや」で午後酒。家帰って相撲見たけどなんだか盛り上がらず、ふと思い立って夕陽を見に再び「俺のベンチ」へ。これがまたなんとも素晴らしかった。iPodによるBGMはサム・クックで。こんなことしてていいのか、とも思うけど、まぁたまにはいいでしょ。

1964年8月に録音された「That's Where It's At」。12月にサムが撃たれて亡くなっちゃったためシングル・オンリーのリリースでしたが、ゴスペルの匂いもするサムのオリジナル曲、学生時代から好きだった文句なしの名曲です。もう声がね、あのキメの荒い声が肺活量いっぱいに伸びちゃう。ブレーキなしで歌いきっちゃうとこにやられちまってクラクラです。で、もうひとつたまらないのがバックで弾いてるボビー・ウーマックの豊かな音色のギター。ミスター・ソウル・ギター、完璧だ。


前にも書いた気がするけど夏の日暮れってなんとも物哀しくって、この曲聴きながら眺めていたら何だか胸が張り裂けそうでした。呑みすぎただけかもしれないけど。

posted by ac at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103455447

この記事へのトラックバック