2016年03月19日

Just A Touch Of Your Hand / Don Bryant

the_northern_souljers_meet_hi-rhythm.jpg

ディープ・ソウル界の「最後の大物」オーティス・クレイさんが1月にお亡くなりになり、もう本当に観たいソウル・ショーなんてなくなっちまったのかなぁ…と寂しい気持ちになっていた春3月、このところ低迷気味だった(失礼!)ビルボード・ライブさんから久々に小躍りしたくなるようなニュースが届きました。あのドン・ブライアントさんがなんと来日公演を行うというではありませんか!

60年代に『PRECIOUS SOUL』というアルバムと、何枚かの素晴らしいシングルを残したのち、作曲などの裏方のお仕事に回ってしまったドン・ブライアントさん。1979年に「スーパー・ソウル・ショー」として、シル・ジョンソンさん、そして奥方のアン・ピーブルズさんとともに来日したそうですが、当時まだ小学生だった僕には知る由もありませんでした。1986年には『WHAT DO YOU THINK ABOUT JESUS』という素晴らしいゴスペル・アルバムを(自費で?)出していますが、それ以外に表立った活動の話はほとんど耳にしません(もう1枚ゴスペル・アルバムを出しているそうですが見たことがありません)。来日などありえないと思い、かのお店の公演希望アンケートにも名前を書くことはありませんでしたが、まさかの生ドン・ブライアント。観に行かないワケにはいきません。長いブランクに一抹の不安がないでもないですが、Teacherいわく「この人、おそらくほとんど同じ声で歌えるでしょう」とのこと。期待に胸が高鳴ります。

そんなこんなで、ここしばらくは「ドン・ブライアントさん祭り」、数少ない録音を繰り返し繰り返し聴いています。そんな中で改めて惚れ直しちゃったのがこの曲「Just A Touch Of Your Hand」。デトロイトのマイナー・レーベルのシンガー達がメンフィスまで出向いて録音した曲を集めた10年位前に出された『THE NORTHERN SOULJERS MEET HI-RHYTHM』というCD(上掲ジャケット)に、なぜかドン・ブライアントさんの60年代の未発表作品が5曲ほど収められていました。当時これも小躍りした記憶があります。その中の1曲。オリジナルはこれも同じCDに収められていたアル・ガードナーさんのもの。こちらは以前から「デトロイト・ディープ」の名盤として知られたシングルだったとか(恥ずかしながら僕はこのCDで初めて聴きました)。そのアル・ガードナーさんのオリジナル・バージョンはもちろん素晴らしいものでしたが、それ以上にため息をつかせてくれたのが、お蔵入りだったドン・ブライアントさんのバージョン。ガガーッと全力のストレートで歌いきっちゃうことの多いドン・ブライアントさんですが、この曲は若干抑えもきいて、深い深いソウルを感じます。


(↓アル・ガードナーさんのはこちら↓)



恐らく来日公演では、唯一のアルバムからのカバー曲が中心になるのだと思いますが、この曲か「Cloudy Days」「Clear Days And Stormy Nights」が聴けたら僕は死んでしまうかも。5月が楽しみで仕方ありません。

posted by ac at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

Chan Chan / Buena Vista Social Club

buena_vista_social_club.jpg

また随分と長いことここをほったらかしにしてしまいスミマセン。年明けから訃報も続き、書きたいことも書くべきこともたくさんあったような気もしますが、日々の晩酌とともにみんな流れて行ってしまいました。

今日はこれからブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの『アディオス・ツアー』。最後の来日公演を聴きに行ってきます。会場がうちから自転車でも行けちゃう(呑んじゃうので行かないけど…)武蔵野市民文化会館、というのが何とも嬉しい。解散ツアーの上に、知名度に似合わぬ東京のはずれの小さなホール、ということで久々に気合を入れてチケットをとったのです(とれなかった人残念でした…と思ったら豊洲PITでの追加公演も入ったそうでよかったよかった)。

ライ・クーダーさんにより発掘され、アルバムが出されたのが1997年、映画が大ヒットしたのが1999年。その頃すでに「老ミュージシャンたちの記録」だっただけに、もうオリジナル・メンバーは数名しか残っていませんが、若いミュージシャンを入れつつも「あの音」を再現してくれることに期待します。「あの音」すなわち僕には「Chan Chan」。展開のない構成ながらも圧倒的な存在感のメロディと、凛とした佇まいのサウンド。僕は当時のブームには乗り遅れたのですが、その後安く出回っていた中古盤を何となく買って、この一曲に頭を殴られファンになりました(もちろんその他にも名曲多数です)。解散ツアーは残念ですが、主のいないカウント・ベイシー・オーケストラのようになってもなぁ…、とも思うので、その潔き姿と音を、しっかりと眼に耳に焼きつけて来ようと思います。





posted by ac at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | latin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。