2015年12月31日

Yesterday / Soul Children

back_to_the_river.jpg

大晦日。いつものように大掃除をすべて完了させることを早くもあきらめ、毎年のようにこうしてPCに向かってみたりしています。

一昨日は昼の12時新宿集合で昼飲み忘年会。しょんべん横丁(正式には思い出横丁ね)でやたらと濃いホッピーはしごして、明るいうちから完全に出来上がって、夕方早い時間にはバイバイしたんだけど、帰ればいいのに独りで新宿の街をふらふらしてみたりして、気が大きくなって、欲しい欲しいと思いつつ、年末の物入りの中その値段の高さ(3枚組税込8,208円)に購入を躊躇していたCDを買っちゃったみたい。で、家に帰って小一時間ほど昼寝(夕寝)して、まただらだらと飲み始めちゃったりして「あ、そういえばCD買ったよな…」と思ってカバンの中を探したら、ありません。なんせ酔っ払ってるもんで「買ったつもりになっただけか…」と念のため財布の中を見てみたら、しっかり8,208円のレシートがありました。ちょっと青くなりつつも、なんせ酔っ払ってるもんで、「こんなことなら少し安い輸入盤を買っておくんだった」などと、ワケの分からぬ反省をしつつ、そのまま飲み続け寝てしまいました。

翌朝、こんどはしっかり青くなって駅の遺失物相談所へ。「物はなんですか」「CDです」「むき出しですか」「いや、黒と赤の…ディスクユニオンと書いた袋に入っています」「ちょっと待ってね…カタカタカタ…それらしきものが高尾駅にありますね」「(おぉ神よ)ありがとうございます!」と、その足で高尾駅まで行き、無事の再開を果たしました。日本はまだまだよい国です。自分の身体が意に反して高尾駅に行ってしまうことはこれまでもままにありましたが、今回はソウル(のCDね)だけが旅をしてしまったようです。

そんなついているのかついていないのかよくわからない年末。しかし我が手に帰ってきたCDは文句なく素晴らしいものでした。『BACK TO THE RIVER: MORE SOUTHERN SOUL STORIES 1961-1978』。2008年に組まれたこれも3枚組の傑作オムニバス『TAKE ME TO THE RIVER: A SOUTHERN SOUL STORY 1961-1977』の続編、1960年代〜70年代のサザン・ソウルの思いっきり濃いところを濃縮したような全75曲。昨日も今日も掃除をしながらずっと聴いていました。

購入前に目にしていた売り文句は「ソウル・チルドレンによるビートルズ『イエスタデイ』の幻のカヴァーだけでも“買い”だ」。いや値段が値段ですからね、一曲で買いってことはないでしょ、と思ってましたが、これがまさにそのとおりの凄い出来でした。最初に聴いて鳥肌立って、そのままリピート5回ほど。「Yesterday」はビートルズの数あるヒットの中でも最大の駄作だと思っていましたが、見事なソウル・ナンバーに蘇えらせたJ.ブラックフットさんの絶唱が聴けます。なぜこれが未発表?という出来ですが、アルバム作る前にスタックスが倒産してしまったからだとか。皆さんにもすぐに聴いてほしいところですが、さすがにまだYouTubeには上がっていないので、今回は映像貼付けはありません。でも、それ以外にも名曲満載のこのアルバム、ソウル好きなら絶対損はしないので、是非購入をおススメします。

さて、いろいろなところに積み残しを残したまま、毎度のように年が暮れていきます。更新頻度はすっかり落ちておりますが、今年もこの駄ブログで一献おつきあいいただきました奇特なみなさまには感謝申し上げますとともによいお年をお迎えください。チャオ!

posted by ac at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

Someday At Christmas / Stevie Wonder

Stevie_Wonder_Someday_At_Christmas.jpg

昨日は木曜日なので職場のそばの養老乃瀧でいつものように焼酎お湯割りを呑んで、何となく飲み足りない気がして(気がするだけなのにね…)、家に帰って熱燗を3合ほども呑んじゃったクリスマス・イブ。今日は休みでしたが6時前に目が覚めて「俺のベンチ」まで散歩をしてきました。今年ももうすぐ終わりです。

クリスマスを祝おうというような敬虔な気持ちは特にないのですが、クリスマス・ソングは好きで、クリスマス・アルバムも結構持ってます。1999年の『MY CHRISTMAS ALBUM』に入っていたメアリー・J・ブライジさんの「Someday At Christmas」が気に入ってしまい(前にもここに書きました)、毎年この時期にはよく聴いています。スティーヴィー・ワンダーさんも歌っていたのは知っていましたが、彼がオリジナルだとは知らずにいました(お恥ずかしい)。歌詞もろくすっぽ聴き取りもせずに「いい曲だなぁ」と聴いていましたが(お恥ずかしい)、FBのお友達が「クリスマスソングはこの曲が一番好き。特に歌詞が。」と書いていてハッ!としました。あらためて歌詞みてみたら反戦や反差別を求める内容。メロディもとても好きだったけど、歌詞を知ったらこの曲がさらに好きになりました。



Someday at Christmas
Men won't be boys
Playing with bombs
Like kids play with toys.
One warm December,
Our hearts will see
A world where men are free.

Someday at Christmas
There'll be no wars
When we have learned
What Christmas is for.
When we have found
What life's really worth,
There'll be peace on Earth.

Someday all our dreams will come to be,
Someday in a world where men are free,
Maybe not in time for you and me,
But someday at Christmas time.

Someday at Christmas,
We'll see a land
With no hungry children,
No empty hands.
One happy morning,
People will share
A world where people care.

Someday at Christmas,
There'll be no tears
Where all men are equal
And no man has fears.
One shiny moment while one cry away
From our world today.

Someday all our dreams will come to be,
Someday in a world where men are free,
Maybe not in time for you and me,
But someday at Christmas time.

Someday at Christmas,
Men will not fail,
Hate will be gone,
And love will prevail,
Someday a new world that we can start
With hope in every heart.

Someday all our dreams will come to be,
Someday in a world where men are free,
Maybe not in time for you and me,
But someday at Christmas time.

Someday at Christmas time

いつかのクリスマスに 人々は手に入れるだろう
憎しみは去り 愛が勝利する
希望に満ちた心とともに 新しい世界がやってくる

いつか僕らの夢が叶い 世界は自由で満たされる
君も僕ももういないかもしれない でもきっとそんなクリスマスが来る


この曲をはじめてスティーヴィーが歌ったのは彼がまだ17歳の頃、48年も前の事でした。そこで夢見られた「いつかのクリスマス」は、残念ながらまだやってきていません。スティーヴィーは今もこの曲を歌い続けています。今年、アップルのCMのために、スティーヴィーが新人アーティストのアンドラ・デイさんとデュエットした、心温まる映像をどうぞ。


世界中にハッピー・クリスマスが訪れんことを…。

posted by ac at 16:40| Comment(3) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

Pass Me Over / Anthony Hamilton

ain't_nobody_worryin'.jpg

いつも古い曲の事ばかりを書いているので、たまには「21世紀」の音を…。と思って引っ張り出したCDは、新しい新しいと思っていましたが、改めてひっくり返してみるともう10年も前のものでした。既に廃刊(休刊?)になってしまいましたが「bmr」の購読をやめた、つまりは現在進行形の音楽についていくのをやめたのが、ちょうどそのころ。以来、新譜が出るたびに買ってみる一線級の(?)アーティストは、このアンソニー・ハミルトンさんや、メアリー・J・ブライジさんアリシア・キーズさんくらいです。断片的にしか聴いていないので、現在の音楽シーンがさらに進化を続けているのか僕にはわかりません。この若い(といっても44歳)ながらも古めかしい歌いっぷりのシンガーの歌が、僕にとっては最新の音楽です(といっても10年前)。

媚を売らない塩辛い歌い方が何とも魅力的なアンソニー・ハミルトンさん。「Pass Me Over」は2005年のメジャー・デビュー2枚目のアルバム『AIN'T NOBODY WORRYIN'』に収められていた曲。シングル・カットはされませんでしたが、ゴスペルを感じさせる歌詞に(よくわかんないけど)、クワイアを仕立てた後半のコーラス。無骨な歌いっぷりが映える21世紀のソウル・クラシックだと思います。


アンソニー・ハミルトンさんについては、以前にアル・グリーンさんの客演曲ですこし書きました(こちら)。その際に「こんなにも土臭い歌いっぷりでいながら、なぜこんなにももてはやされているのか、僕には全く理解できません。」と書いたのですが、やっぱり時代はそっちの方に進んでいるのか、改めて調べてみたら2012年の『BACK TO LOVE』以降、クリスマスの企画もの以外はアルバムが出されていないようです。絶えゆくソウルの継承者であるこの無骨な歌い手にもう一度光を。

posted by ac at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

Cold Rain / Irma Thomas

simply grand.jpg

この駄ブログの開設以来、9年ほどに渡り少なくとも月に1回は更新をしてきましたが、先月はついに穴を空けてしまいました。いや、別に特別な理由はありません。いつものように居酒屋でお酒を飲んだり、面白そうなライブを観に行ったり、たまにライブを演ったり(昨日は今年最後の演奏でした。お越しいただいた皆様には心より御礼申し上げます)、何も変わらぬ日々を過ごしておりました。ただ最近少し変わってきたのは、あまりCDを買わなくなったことでしょうか。何年間も可処分所得のほとんどは、呑み代とライブとCDに使い切っていたような気がしますが、最近はふらふらと国内旅行なんかに行くようにもなりました。魅力的な音源がもうほぼ出し尽くされた感もあり、欲しいと思うリイシューCDが少なくなってるということもありますが、僕の愛機iPod Classic 160GBの容量がいっぱいになってしまい、新たなCD入れようと思うと、それだけ何かを削除しなければならない状態になっているというのが、ストレスになっているのだろうとも思います。音楽もクラウドから聴く時代になっているのかもしれませんが、昼飯代削って1枚1枚アルバムを買っていた世代にはどうにも踏ん切りがつかないのです。500GBくらいのiPod出してくんないかな。

昨日の熱狂のライブ(?)の翌日、アルコールがたっぷりと残る頭で朝4時半に起きて職場に行けば冷たい雨。帰りの電車でiPodからはアーマ・トーマスさんの「Cold Rain」。2008年のアルバム『SIMPLY GRAND』はとてもいいアルバムで、当時からよく聴いていたつもりでしたが、ノーマークだったこの曲。加藤エレナさんがライブで歌っていて「ここにも名曲が…」と掘り起こしてもらい、以来愛聴曲になりました。以前にご紹介した「What Can I Do」と同じく、デヴィッド・トカノウスキーさんのピアノをフィーチャーした切なくも美しい曲。アーマ・トーマスさんには「Shelter In The Rain」という名曲もありましたが、心の中に降る雨は、逃れることができません。



posted by ac at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。