2015年09月19日

Small Axe / The Wailers

burnin'.jpg

最近、乗り過ごしてタクシーに乗ったような記憶がほとんどありません。あ、いや、タクシーに乗ったことすら覚えてない、ってことじゃなくてたぶんホントに乗ってない。ずいぶん優秀になったじゃん…などと思っていましたが、よく考えたらもう終電近くまで飲むような体力がなく、帰る時間が早いので乗り過ごしてもリカバリーが効くっていうだけのことでした。人生秋の風です。

家で呑んでも日付を超えることはほとんどなく、リビング睡眠健康法の日々。プロ野球ニュースのドラゴンズ戦までもたないこともしばしばです。ペナントレースも(うちはとっくに)秋の風でした。

しかし、昨夜ばかりは午前2時過ぎまで呑み続け(呑んでる場合か…?)この国のかたちが変わるさまを眺めていました。国会前で見届けたかった思いもありましたが、情けないことに体力と胆力が足りないようです。いつものリビングで、ニュース23が終わった後は、大嫌いになっちゃったNHKを睨めつけながら、宝焼酎を煽っていました。久しぶりにゲロ吐くまで呑みたいと思ったけど、何にも出てきません。民意は届きませんでした。いや、届いていたはずの民意は踏みにじられました。

民主主義なんてものは学校で習うまでもなく、当たり前のことだと思ってのほほんと生きてきました。憲法違反なんてありえない、間違いなく「誰かが止めてくれる」と思っていました。我々が自分たちの力で守らなければならないものだなんて、これっぽっちも思っていなかったのです。しかし、一昨日の参議院特別委員会では、行司も勝負審判もいない議場で採決にはとても見えないものが怒号の中で行われ、NHKは勝手に「可決」のテロップを流しました。そして昨日、というか今朝未明の本会議、与党は党議拘束によりひとりの造反議員も出すことなく、数の力で違憲法案を通しました。「政治家である前に、派閥に属する前に、グループに属する前に、たった一人の個であってください」との奥田さんの中央公聴会での渾身のスピーチも、国会議員のセンセイ方には届かなかったようです。ま、あたりまえか…。

このような状況でも、まだ圧倒的多数の無関心な人々がいることに歯がゆい思いをしています。この法案を成立させてしまったのは、やつらではなく、やつらをのさばらせてしまった我々だと思います。しかし「民主主義ってなんだ?」「これだ!」というSEALDsのコール。新しいカタチ、いや本来のカタチの民主主義がようやくこの国に生まれ、根を伸ばしているのを感じています。

ザ・ウェイラーズ名義の1973年『BURNIN'』から「Small Axe」を。「お前らが大きな樹木ならば、俺たちは小さな斧だ。切り倒すための準備はできている」。ボブ・マーリーさんはこのブログでは時事ネタの時ばっかりしか登場しないから、僕がホントのファンじゃないことがばれちゃいますね。でもキングストンのBob Marley Museumにも昔行ったし、ココロにパワーが必要になる度に聴いているのです。



posted by ac at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | reggae | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

Just A Tear / Pic & Bill

pic_and_bill.jpg

ひと月以上もここをほったらかしているうちに、バカ夏は去っていき、台風すらも通り抜けていきました(被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます)。その間僕は何をしていたかといえば、まぁ簡単に言ってしまえばひたすらビールを呑んでいたワケです。いつものお店で。自宅リビングで。不忍池テラスで。黒部峡谷で。飛騨高山で。神宮球場で。東京ドームで。養老乃瀧で。新宿ベルクで。俺のベンチで。いつものお店で出してくれる大瓶のビールはいつの間にか「秋味」に替わっていました。熱燗の季節ももうすぐそこです。

さて、秋といえばディープ・ソウルです(?)。そして秋といえばテキサスです(??)。テキサスといえばギターやテキサス・テナーの名産地として(一部で)有名ですが、実はソウルは不毛地帯。かろうじて名前が知られているのはバーバラ・リンさんトニー・ボーダーズさんの出身地ということくらいでしょうか。そうそう近ごろ話題のレトロソウル、リオン・ブリッジスくんもテキサス出身だそうです(買ってみたけどあんまりピンとこなかったな…)。そんなテキサスで活動し、さほど名前は知られてないけど、素晴らしい録音をいくつも残していたのがピック&ビルのお二人。1967年の名作「Just A Tear」をどうぞ。


最初にソロが聴こえる声の低い方がピックことチャールズ・ピッケンズさん、後から出てくる高い方がビルことビリー・ミルスさん。メンフィスはスタックスでのサムとデイヴの大成功後、二匹目のどじょうを狙って各地で雨後の筍のように現れたソウル・デュオのうちの一つです。ほんとにさまざまなデュオがありましたが、実力ではモーリス&マックと、このピック&ビルが双璧だと僕は思っています。ハモらせてもばっちりだし、それぞれがソロでも十分いけるようなディープな歌声。二人とも巨漢であったことから「500パウンズ・オブ・ソウル」(500パウンド≒227キロ)とのキャッチ・フレーズがあったそうで、いかにもパワフルだったであろうそのステージでの歌いっぷりを、是非ナマで観てみたかったと思います。

一時の流行で終わったその他のソウル・デュオ同様に、70年代になるとコンビを解消してしまったピック&ビルのお二人でしたが、90年に突如復活CD『TAKING UP THE SLACK』を出し、変わらぬ歌いっぷりで驚かせてくれました。昨日のことのように思い出しますが、よく考えたら四半世紀も前の事なのね(遠い目…)。あれからどうしているかしらん。上掲ジャケットのアルバムは1979年に我が国はヴィヴィッド・サウンドから出されたLP。残念ながら復活作以外はほとんどまともにCD化されていないと思います。楽曲数はそこそこあるはずなので、KENTあたりにまとめて再発してもらいたいところです。

posted by ac at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。