2013年06月17日

Tears Always Win / Alicia Keys

Girl On Fire.jpg

ほとんど誰も聴いたことのないような古い音楽ばかりご紹介しているこのブログですが、たまには「話題性のある」ものも…ね。下に張り付けたのは6月13日に公開されたばかりのアリシア・キーズさんの新曲「Tears Always Win」のプロモーション・ビデオです。昨年末に発売された彼女の5枚目のアルバム『GIRL ON FIRE』に収められていたもの。覚えやすいキャッチーなメロディと、オールド・ソウルを思わせるサウンド、そして本人の素晴らしい熱唱で、最初に聴いた時からiTunesのトップレートに叩き込んで、繰り返し聴いておりました。

「歌が上手い」「才能がある」ということを自覚しているかのような歌いっぷりと曲作りが鼻についちゃうこともあった彼女ですが、最近はなんだか余裕がある感じでいいなぁ、と思うのです。適度に荒れてきた声と、上手く歌おうとなんかちっとも考えていないような、ソウルフルな歌いっぷりのこの曲。バック・コーラスもさりげなくいい味を出しています。「涙がいつも勝つ」。泣くまいと思っても結局泣いちゃう、切ない失恋の歌。

プロモーション・ビデオって、なんだか曲のイメージを勝手に限定されちゃうようで、あんまり好きじゃないんだけど(彼女の「If I Ain't Got You」はその好例。いい曲なんだけどね)、このPVはいい感じ。しかし先週アップされたばかりなのにもう170万回も再生されてるん。違うやね。僕にとってはいつもここに書いてるものとそんなに変わらないソウル・ミュージックなんだけどな。



posted by ac at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

I'll Be The Other Woman / The Soul Children

friction.jpg

ようやく家までたどり着いて、ふぅぅっ!と缶ビールのプルリングを引くと、もう何もしたくなくなります。ビールの後にウィスキーかウーロンハイなどハイペースで呑んでるうちに小一時間でリビングの床に寝落ちの日々。2時だか3時だかに目覚めてみれば、iPodは健気にもシャッフル再生中。食卓の上には、なみなみと注がれたグラスがたっぷり汗をかいています。これじゃ身体にいいわきゃないよ。でもわかっちゃいるけどやめられません。

そんなこんなで、コメントなどもいただいていたにもかかわらず、ここのブログも随分ほったらかしにしておりました。ゴメンナサイ。この間、ベティ・ラヴェットさんのライブ(凄かった!)やら、アーマ・トーマスさんのライブ(凄く良かった!)などの大ネタもありましたが、ライブとリハと外呑み以外の日々は上記のごとくで更新ままならず。そしてTwitterには訃報が次々と入っていました。デルズのマーヴィン・ジュニアさんソウル・チルドレンのシェルブラ・ベネットさん、僕のディープ・ソウル入門の先生だった桜井ユタカさん。エイメン。献杯。ご冥福をお祈りします。

大好きな大好きなソウル・チルドレンの1曲「I'll Be The Other Woman」をお届けします。1974年の4枚目のアルバム『FRICTION』の冒頭、名作曲家チーム、ホーマー・バンクスとカール・ハンプトンのペンによる当時ハヤリの不倫ソング。僕は正直に言うとシェルブラ・ベネットさんとアニタ・ルイスさんの声がどっちがどっちだかわからなくなるのですが(恥ずかしながら…)、この曲についてもよくわからないまま「いい歌だよなぁ」などと聴き続けていました。ライナーではアニタ・ルイスさんのリードとするものもありますが、どうやらシェルブラ・ベネットさんが歌っているようです。吉岡正晴さんとピーター・バラカンさんがそう言ってるので間違いなしとします。

このアルバムを最後にグループを離れたシェルブラ・ベネットさん。その後、シェルブラ・ディーンの名前で何枚かのシングルを残したようですが、僕は未聴です。R&Bチャート3位まで行ったソウル・チルドレンの代表作「I'll Be The Other Woman」。一世一代の名唱なのです。エイメン。



posted by ac at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。