2011年04月27日

The Third Degree / The Sequins

more perfect harmony.jpg

いつも優れたコンピを出し続けている英KENT。ソウル・コーラス・グループによるレアかつスウィートな楽曲を集めた『IN PERFECT HARMONY』の続編、2005年に出された上掲ジャケットの『MORE PERFECT HARMONY』に収められていたのが、本日の一曲「The Third Degree」でした。飼育員ズ、じゃない、シークィンズという全然知らないグループによるものでしたが、重たいリズムの上に乗るキュートでセクスィーな女声コーラスに、一聴しておじさん胸キュンでした(阿呆です)。

調べてみたら、重たいリズム・セクションはウィリー・ミッチェルさん率いるハイ・リズムの皆さん。聴き慣れてるはずの音ですが、らしくない楽曲なのでうかつにも全然気がつかず。そしてキュートなコーラスを聴かせるシークィンズの皆さんは、B.B.キングさんも名盤を残した、かのリーガル劇場@シカゴでのタレント・コンテストで優勝した現役女子高生3人組、だそうです。その後地元クラブに出演していたところをデニス・ラサール夫妻に見出され、1970年にデビュー。この「The Third Degree」は夫妻の持つシカゴのCRAJONから1971年に出された2枚目のシングル。メンフィスに赴いての録音です。イントロのグッとくるギターに続いていきなり危ういコーラスから入る展開がおじさんたまりません(阿呆です)。さぁ聴いてください。殺られてしまうおっさん多いはず。


ね(?)。
という素晴らしい作品なのですが、残念ながらアルバムを残すには至らず、シングル数枚残したきりで「普通の女の子に戻りたい!」と言ったかどうかは知りませんが、73年を最後に活動を停止してしまいました。他のシングル持ってないけど、YouTubeで聴くと良曲多し。もったいないね。

posted by ac at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

スーちゃん(Sweet Sue, Just You) / 岸井明 with 日本ビクター・リズム・ジョーカース

SingSingSing.jpg

スポーツ紙各紙一面にてご承知のとおり、田中好子さんがお亡くなりになりました。『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』を毎週欠かさず見てた小学生の僕。実はスーちゃんが一番好きだったりしました。ついこの間のうちのバンドのライブでドラマー氏に歌ってもらった、こんな曲で追悼。ご冥福をお祈りします。

元々はヴィクター・ヤングさんとウィル・J・ハリスさんが1928年に書いた「Sweet Sue, Just You」。いろんな人が演奏している有名なスタンダードです。そもそもうちのバンドで演ろうと思ったのは、このBメロがたまらなく切ないこの曲に「スーちゃん」という邦題をつけて演ったら面白かろう!と思ったから。もちろん頭に浮かんでいたのは田中好子さんでした。おっさんなもので…スミマセン。

そんなこんなでネットも駆使しつつ歌詞の邦訳考えてるうちに見つけちゃったのが、この岸井明さんの「スーちゃん」。やられたぁ!と思いましたよ。75年も前にすでにおんなじ邦題つけられちゃってたんですから。"Doin things I used to do, they think are new"(「As Tears Go By」)です。しょーがないので、そのままカヴァーしちまおうと、ネット上で音源探すもどこにもないので、買いました、『シング・シング・シング〜昭和のジャズ・ソング名唱選』4,200円也。その時の経緯は同じく前回のライブで演ったヘレン隅田さんの「可愛い眼」のエントリーの際にも少し書いております。

この「スーちゃん」は昭和11年の録音。歌っているのは昭和初期のボードビリアン「あーちゃん」こと岸井明さん。元相撲取りだそうで、182センチ129キロの巨漢の持ち主。当然のことながら(失礼!)歌は全然上手くありません。でもなんだかほんわかといい感じなんだな、これが。日本ビクター・リズム・ジョーカースの皆さんのバック・コーラス(何言ってんだか解析できませんが)も、PCLジャズ・バンドの皆さんの演奏も、昭和11年とあなどるなかれ!の素晴らしい出来です。


シンプルながらも染み入る歌詞と「スーちゃん」の素敵な邦題をつけたのは、岸井明さん御本人。生で聴きたい方は僕らのバンドの次回のライブに是非(笑)!

「ぴあ」の休刊も発表されました。次々と昭和が消えていきます。全然追悼文になっていませんが、とりあえず献杯…。
 
posted by ac at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

Boogie Woogie On A Saturday Night / Steve Gibson & The Red Caps

the jive is jumpin'.jpg

土曜日はくそ忙しい中、四谷でライブ。つかの間の「Boogie Woogie On A Saturday Night」でした。ロクな告知もできぬままあれよあれよとへたれ気味に迎えた「春のジャンプまつり」でしたが、お越しいただいた多くの皆様には逆にパワーをいただきました。心より感謝申し上げます。ありがとござました。


この曲はうちのバンドのレパートリーではありませんが、ハードなドライブと粋なブリッジがお気に入りの「Boogie Woogie On A Saturday Night」。ギタリストでもあるスティーヴ・ギブソンさん率いる赤ヘル軍団レッド・キャップスの皆さんによる、ロックンロール突入前夜、1951年のナンバーです。トップに持ってきたジャケットはキャッツフォー・ヴァガボンズなど主に40年代のジャイヴ・グループによる名演を集めた濃ゆいCD『THE JIVE IS JUMPIN'』。この内容充実の編集盤の最後に収められていたのがこの曲でした。

元々はよくあるジャイヴ・コーラス・グループだったレッド・キャップスの皆さん。50年代になり楽団を増員、ビートを強化して録音した「Boogie Woogie On A Saturday Night」ですが、実はこれ、自らの1944年の録音のリメイク。でも元のバージョンもなかなかです。こちらで!


 
posted by ac at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | jump & jive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

I Know I'm Gonna Miss You / Lattiomre Brown

lattimore brown.jpg

吉野の梅を愛でにも行けぬまま…、などと思っていたのもはるか昔、すでに桜も散りつつあります。疲労困憊徒労の日々。予想していたこととはいえ選挙の結果もあのとおりでした。本日は本当に久しぶりに休みをもらって散り際の桜を独り見上げつつ、野川を散歩。黄金色のロング缶でリフレッシュしました。

書かなくちゃ、と思いながらも忙しさにかまけて書けなかったこと。先月25日に亡くなったラティモア・ブラウンさんのことです。

その昔、PヴァインよりLPで出ていた「ディープ・ソウル・クラシックス」シリーズ。20枚くらいありました。今思うとかなり重箱のスミ的録音が多いこのシリーズですが、それこそディープなソウル道に踏み込んだばかりの学生当時の僕、「これぞ聖典!」とばかりに、なけなしの小遣いはたいて(主に中古盤ですが)買い漁っておりました。その記念すべき「Vol.1」がラティモア・ブラウン卿。60年代中盤にナッシュビルのSOUND STAGE 7に録音したシングル盤を集めたものです。実はそれ以前に出されていたヴィヴィッド・サウンド盤の焼き直しですが、シリーズ第1弾に相応しい名盤、繰り返し繰り返し聴きました。

数年前にDVD化されたTV番組『THE BEAT!!!』、いくつかのショウで動くラティモア卿の姿が見られます。みかけはいかにもな田舎のオヤジ風情ですが(失礼)、意外にも結構ダンスがうまい。ファンキーな曲でのノリもかなりな迫力です。

「I Know I'm Gonna Miss You」。前述のLPの冒頭に収められていたバラッド・ナンバーです。レーベル・メイトのロスコー・シェルトンさんのハモりによる穏やかな歌いだしの後、いきなりケタはずれの容量を聴かせる歌いっぷり。この人の魅力はなんといってもどこまでも奥行きのある深い声です。シャウトするとき塩っ辛くかすれるところもたまりません。残念ながらいい曲にはあまり恵まれませんでしたが、ソウル界有数の魅力的な声の持ち主であります、僕にとっては。↓動画はクチパクですが『THE BEAT!!!』から。


1970年代後半からは消息が不明となり、80年代は死亡説も出ていました。その後、ハリケーン「カトリーナ」で妻と家を失い、強盗に襲われ、癌になり、それでも生き抜いていたそうです。2009年にはその名も「Soul Survivor」なるCDシングルも発表。しかし最後はあっけなく車に轢かれて亡くなりました。無慈悲な晩年。ハード・ラック・ブルースでした。どうかあの世では安らかにお眠りください。


ふと気がつけば今日であれから1か月。まだまだ揺れています。僕も、日本も。
 
posted by ac at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。