2010年09月29日

Special Occasion / Dorothy Moore

once moore with feeling.jpg

ずい分と経ってしまいましたが、先日の中野のライブにお越しくださいました皆様におかれましては心より感謝申し上げます。特に何が忙しいわけでもないんだけどいつの間にやら時ばかりが過ぎ、気づけば秋も深まっていました。我が中日ドラゴンズは首位ながら泣いても笑ってもあと1試合。断然有利な状況なれど目下3位(9/28現在)のタイガースにマジック点灯中。何だかこんがらがっています。

阪神×巨人戦を高みの見物決め込みながら、秋の夜長にこんな曲。ドロシー・ムーアさんの「Special Occasion」。

ドロシー・ムーアさんはミシシッピ州ジャクソン出身のレディ・ソウル。地元のレーベルMALACOで1976年に「Misty Blue」のヒットをかっとばしました。メアリーJもモニカもカバーしたので聴いたことのある人も多いかも。その曲を含むアルバム『MISTY BLUE』「Funny How Time Slips Away」や「The Only Time You Ever Say You Love Me」など佳曲多数の好アルバムですが、ちょっとカントリー臭が強くておとなしいイメージ。大らかで滑らかな声質なので、カントリー路線はあってはいるのですが、ちょっともの足りない感じです。で、1978年のアルバム『ONCE MOORE WITH FEELING』から、サム・ディーズさんのペンによる切なさ溢れる「Special Occasion」を。まったくこの人いい曲書きます。


久しぶりの熱燗でついつい深酒。中途半端になってしまったあれやこれやを思い出します。思い出したところでどうしようもないんだけど、悔しがったり涙ぐんだり。老けたかなぁ、と思いつつ、秋の夜長は更けていきます。
 
posted by ac at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

Bad Bad Whiskey / Amos Milburn

amos milburn.jpeg

よく独りでふらりと呑みに行きます。古くて安くて雰囲気のいい居酒屋。その手のお店に必ずいるのが、隣の席のお客さんやらお店の大将やら誰彼かまわず話しかけちゃってる上機嫌のお父さん。ま、常連さんですね。僕の場合は注文以外は口を開かず、ゆっくりとお酒に、お店の雰囲気に酔っていきます。すみません、熱燗を一合ください。

でもお店の雰囲気に酔えるようないい居酒屋、というのが近頃あまりありません。駅前路地裏入ってみても並ぶは大手チェーン店ばかり。「これは!」と思うお店を見つけたと思っても、暖簾くぐって後悔することも多数。自分のハナとアシで探してみるのはお金も時間もかかっちゃいます。そんな中、その手のお店を紹介してくれるのが、BS-TBSでやってる吉田類さんの「酒場放浪記」

だれが選曲を担当してるんだか知らないけど、番組のテーマ曲は「Bad Bad Whiskey」。エイモス・ミルバーンさんの1950年のヒット曲です。同じくエイモスの「One Scotch, One Bourbon, One Beer」もこの番組の挿入歌。さらに以前にここで紹介した「Egyptian Fantasy」まで使われちゃって、名もなき美しき居酒屋のお酒とともに、絶妙な選曲にも酔っちゃう番組。

エイモス・ミルバーンさんはテキサス生まれのシンガー/ピアニスト。強力な左手で火を噴くようなブギ・ウギを叩くかと思えば(「Down The Road Apiece」!)、小洒落たブルース・バラッドをしっとりと歌っちゃう。さらにノベルティなドリンキン・ブルースも得意という多才かつ多作なブルース・マンです。1950年頃にヒット曲を乱発しました。


↑ちょっとマイクの角度に無理があるよね。

「Bad Bad Whiskey」と「One Scotch, One Bourbon, One Beer」にワイノニー・ハリスさんの「Don't Take My Whiskey」を加えて、僕は勝手に「ウィスキー3部作」と呼んでいます。今度のうちのバンドのライブ(9/19中野)では、このうち2曲を演る予定。お暇な方は是非!
 
posted by ac at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | jump & jive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

Still Crazy For You / クレイジー・キャッツ & Youming

still crazy for you.jpg

大好きな人がまた亡くなってしまいました。こんな爺さんになりたいなぁ…と思ってた憧れの人、谷啓さん。享年78。残念です。中央大学スウィング・クリスタル・オーケストラにこの人あり、と言われたトロンボーンの名手。したまちコメディ映画際で「コメディ栄誉賞」を受けるのも間もなくだったのに。

2006年のナベプロ50周年企画「Still Crazy For You」で追悼させてください。何でユーミンなんだかよくわからないけど、僕が大人になってから買った唯一のCDシングル。当時既に鬼籍に入っていたハナ肇さん、安田伸さん、石橋エータローさんの音もサンプリングされています。


NHK「美の壺」は数少ない僕の視聴番組でした。草刈正雄に代わる前、高橋美鈴アナウンサーの頃。

エイメン。合掌。R.I.P. ガチョン…。
 
posted by ac at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

Romaria / Elis Regina

elis-1977.jpg

気がつけば「いいなぁ」と思うお店はすごくいい音楽が流れているお店か、まったく音楽が流れていないお店。自分で選んで聴く音楽は大好きだけど、聴きたくもない音楽を聴かされることは大嫌い。今はどーだか知らないけど、海水浴場でも田舎のドライブインでもスキー場(行ったことないけど)でも大音量でロクでもない音楽を聴かされます。これはね、もう「音の暴力」ですよ。常連さんと大将(女将)の声だけが響く古臭い大衆居酒屋が好き。チェーン店の居酒屋やファミリー・レストランが大嫌い。

久々にエリスにご登場願います。1977年のアルバム『ELIS』から「Romaria(巡礼)」を。地球の裏側で作られた音楽なのに、歌詞は全然わからないのに、どうしてこうも「郷愁」みたいな思いに捕らわれちゃうのか不思議です。僕らのDNAにはある種のメロディに反応しちゃう知られざる「切なさ成分」が含まれているみたい。

レナート・テイシェイラさんによる曲。カヴァー多数。誰が歌っても名曲だけど、やはりここはエリス・レジーナさんで。勝手なイメージは、荒涼とした原野を男を乗せてトボトボ歩く馬2頭、なのです。褐色の聖母アパレシーダよ、この人生に光を照らしておくれ、という曲。ブラジル人はみんな歌えるみたい。厳かに大人数で合唱したい曲です。





posted by ac at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | brasil | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

Poor Butterfly / Three Barons

the best of jive vocal groups 2.jpg

カレンダーを見れば確かに9月なんだけど、8月が勢力拡大して9月を侵食しつつあるようです。8月36日日曜日。休みの日はもう昼からビールが欠かせません。でも夜中に窓を開けてみれば、この間までガシガシと鳴いていたセミに代わってアオマツムシの支配する世界。もうすぐ熱燗…にホントになるのかしらん。

チョウチョも飛ばない灼熱の日差しにこんな曲、「Poor Butterfly」。1916年にミュージカル『THE BIG SHOW』のために書かれたオールド・スタンダードです。28年後、といっても十分古い1944年にスリー・バロンズの皆さんによって吹き込まれたバージョンをご紹介。

スリー・バロンズの皆さんは別名スリー・リフス(Three Riffs)としても知られる(知られてない?)ジャイヴ・コーラス・グループ。当時はこの手の3とか4とか5とかの数字が名前に入ったグループが星の数ほどあって、正直言ってあまり区別はついていません。魚住泰広さんの選曲による名コンピ「ジャイヴでスウィング」シリーズの中のジャイヴ・ボーカル第2集(『THE BEST OF JIVE VOCAL GROUPS 2』)に収められていたこの曲が妙に琴線に触れちまったのは、イントロのヘンテコながらも素晴らしいギターのせい。「タイニーみたい!」と思ってクレジット見たら、バックはほんとにタイニー・グライムスさんのクァルテットで嬉しくなりました。

艶のあるぶっとい音ながらも軽快にトリッキーなメロディをつむぎ出す。もうね、フレーズがいちいち笑ってます。ミスター・ジャイヴ・ギター。そのエッセンスがギュッと詰まったような見事な演奏ですが、ネット上に音源が落ちてなくてここでお聴かせできないことが残念です。

しかし蒸しますね。もうタイニーぐらい蒸す(ごめんなさい…)。で、この「Poor Butterfly」をよりジャイヴィに改作した「Big Fat Butterfly」という曲もあります。うちのバンドでは定番曲。9月19日(日)にライブで演りますので、お暇な方は是非。ご連絡ください。ませ。
 
posted by ac at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | jump & jive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。