2010年07月26日

This Love Is Gonna Be True / Spencer Wiggins

Feed The Flame.jpg

「生きててよかった…」とでもいうんでしょうか。スペンサー・ウィギンスさんの幻のFAME録音がついについにCD化されました。『FEED THE FLAME : FAME & XL RECORDINGS』。意固地に権利を抱え込んでいたフェイムのリック・ホールさんを口説き落とした英KENTさんの偉業であります。しばらく前から輸入盤は入ってきてたけど、我慢に我慢を重ねた上で、少し値段も高い鈴木御大の渾身解説付を購入。ま、それだけ期待していたワケですが、当たり前ながら期待を全く裏切らない内容。これが出ると決まった時点で、今年のリイシュー大賞は既に決定しておりました。

以前にここに書いた最高傑作「I'd Rather Go Blind」もようやくめでたく初CD化。素晴らしい音質で手軽に聴けるようになりました。既にCD化されてる曲もさすがにあるけど、未発表曲がなんと11曲。未発表といえばリリースが見送られた残りカスのようなものが普通だけど、この人の場合、凡打の少なさは超人的。いずれも普通のソウル・シンガーだったら傑作に数えられるような出来になっています。

長年彼のことを聴き続けてきて、今にして初めて聴ける曲のあることの幸せ。鈴木サン絶賛の1曲目のタイロン・デイヴィス調「I'm At The Breaking Point」も傑作だと思いますが、まだ何十回も聴いたわけではない中、僕の耳に残ったのは3曲目の「This Love Is Gonna Be True」。軽快なミディアムのバックにスペンサーの熱唱が爆発するナンバー。キーがちょっと高すぎるような気がしても、余裕で歌いきっちゃう。どんなに上にあがっても決して細くなったりしない、しなやかでいて強靭な喉です。いやいい曲だなぁと思ったら、スペンサーも愛したジョージ・ジャクソンさんのペンでした。

中身は当然すばらしいこのアルバム、感涙モノは上掲のジャケットです。フランシス・ウルフもかくやという、音が飛び出してきそうなスタジオでのモノクロ・フォト。最初ネットで見たときは「絶対合成だろ」と思っちゃいました。なんせ我々は長い間、スペンサーといえばヴィヴィッド盤のジャケットになった、たった1枚のパッとしない(失礼!)写真しか拝んだことがなかったのですから…。こんな絵に描いたような写真なんて、存在するワケないと。でもCD買ってみたらライナー・ノーツに同じ衣装の写真が多数。合成だと思った我がひねくれた性格を恥じつつ、この襟のでかいジャケット欲しいなぁ、と…。




posted by ac at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

One Girl Too Late / Brenda & The Tabulations

lost soul.JPG

このジャケットは1994年に出されたオムニバスCD『LOST SOUL』。モトはといえば82年にLP4枚のシリーズで出されたものを抜粋でCD1枚にまとめたものです。ノーザンありサザンありで編集方針がいまひとつわからないのですが、良曲多数の好アルバムでした。

ドあたまに収められていたのが「遅れてきた青年」ではなく「遅れてきた少女」。フィラデルフィアの男女混声ヴォーカル・グループ、ブレンダ&ザ・タビュレーションズの皆さんによる1973年の楽曲です。グループの形をとっていますが、実質はほとんど紅一点のブレンダ・ペイトンさんのソロのようなもの。フィラデルフィアにどっかりと根を下ろし、1966年のデビュー以来アルバム3枚出してますがタイミングが悪かったのか、この曲はシングルのみのようです。

ブレンダ嬢の声はなかなかにソウルフルですが、アルバム聴いてみるとありがちなポップな女声ソウルで、正直言うとそれほど思い入れはありません。でもこの曲だけは大好きです。ヴァン・マッコイさんの作曲&プロデュースによる、チャカポコとパーカッションが響く、大きなノリのミディアム・ナンバー。♪If I met you first〜と展開するサビがもうね、たまらなく甘酸っぱいのです。


今日は我が愛する小さな街のちょっとしたお祭りがありました。路上缶ビールが当たり前、というのが嬉しいね。なんとなく上気した街の中、横顔が寂しい人もいます。
posted by ac at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

If You Really Want To Be My Friend / The Rolling Stones

it's only rock'n roll.jpg

おひさまギラギラ輝いて、夏もいよいよ本領発揮。道行く人たち眉間にしわ寄せて恨めしそうに歩いてますが、僕の場合は休みの日はね、くそ暑いのに限ります。サンダル履きの自転車でカレー喰いに行って、ラッシーでもチャイでもなくて、よく冷えたビールをください。昼酒呑んでも噴き出す汗であっという間に抜けていく夏の午後。茹った街に出てみたところで何もすることないので、野川に下りて「俺のベンチ」で太陽礼賛。虫採りや川遊びの親子を羨ましくも眺めつつ、1日だけの夏休みはゆっくりと過ぎていきます。

夕暮れ時に聴きたくなったのが1974年のストーンズ「If You Really Want To Be My Friend」でした。ミック・ジャガーさんのソウル・ミュージックへの憧憬か、バック・コーラスはブルー・マジックの皆さん。でもあんまり効果的ではない気がします。ミック・テイラーさんの弾きすぎるギターは個人的にはあまり好きではないのですが、“and I really want understand you baby!”と叫んでいっきにギター・ソロになだれ込む3分30秒付近、何度聴いても引きずり込まれます。


「梅雨が明けた」といって冷たい生ビールをぐびり。思えば「今日は雨だから」といってはぐびり、「暑かった」といってはまたぐびり。まったく酒ばっかり呑んでんじゃないよ、と思うけど、人生なかなか変えられません。
posted by ac at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

You Gave Me Love / Bettye Swann

bettye swann the money recordings.jpg

いまさらですが、ソウル・ミュージック、ことにサザン・ソウルとかディープ・ソウルとかいわれる音楽を聴くのが好きです。醍醐味は、歌い手が思いっきり情感込めてガガーッと歌いこむところに聴き手(僕ね)の感情シンクロさせて一緒にいっちゃうこと。これがね、もうたまらない至福のひとときなのです。

そうやってソウル・ファンというものになりました。なので基本はどうしても熱く歌えるシャウター偏重主義。でもですね、その基本に反して叫ばなくても力まなくても、ただただその声を聴いてるだけで幸せになれちゃうシンガーも中にはいるのです。そんな数少ない美人声ソウル・シンガーの一人がベティ・スワンさん。本名はベティ・ジーン・チャンピオンさんと強そうですが、折れてしまいそうな細腕ソウルを聴かせてくれます。

ルイジアナ州シュリブポートの出身で、1964年、20歳にしてLAに出てレコード・デビュー。ステージ・ネームのベティ・スワンは学生時代に歌っていたアマチュア・グループの名前からとったとか。上掲のアルバムはそのデビューしてしばらくを過ごしたLAのローカル・レーベル、MONEYへの録音集で、英KENTさんが未発表含めまとめてくれました。この頃の曲は殆どが自らペンを取ったもので、才女っぷりも発揮してます。その中から1968年の狂おしくも切ないミディアム・ナンバー「You Gave Me Love」を。


アン・セクストンさんのときにも書きましたが、こちらも「汗の匂いのしない」サザン・ソウル。一聴するとなんだか軽くてぬるい感じもしますが、よく聴けばその懐の深いこと。胸が焦げます。
posted by ac at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

最後まで楽しもう / 吾妻光良 & The Swinging Boppers

seven & bi-decade.jpg

阿房列車の精神には反するけども、そもそもが出不精なもので用のない旅行には滅多に行かないタチ。でも今回はサクライストーンさんから結婚パーティー出演依頼をいただいたのをいいことに、恥ずかしながらこの歳にして初めて北海道の地に降り立ちました。2泊追加で旭山・円山はしごのほか、ギタリスト氏と男ふたりでひたすら歩きで観光地ゆるキャラ収集ツアーなどしたりして。ウォーキング・アンド・ドリンキング。北の大地にはいたるところにおいしいビールが待ち受けていて、起きてる時間は歩いているか呑んでいるか…という日々。現地観光巡りの無軌道さと呑みっぷりだけはしっかり阿房列車のココロでした。

足と肝臓はかなり疲れたけれど、帰りの空港でも、飛行機でも、独りになってからの中央線でも缶ビール、大月までは行きませんでしたが、しっかり最後まで楽しみました。いつになるかはわからないけど、また行きたいなぁと思いつつ。
posted by ac at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | jump & jive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。